FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-10

新春せと末広寄席報告

満員のお客様をお迎えしての新春せと末広寄席。
開口一番は柳家右太楼さんの「のめる」。

若々しく張りがあって気味よい語り口は、
初めて生で落語を聴くという瀬戸のお客様に、
爽やかな印象を残したことでしょう。

そして権太楼師匠の一席目。

マクラからもう大変な盛り上がり。
地元の話題で心をつかみ世界一周豪華客船で、
落語をしたときのエピソードでたっぷり笑わせて、
このままマクラで終わるんじゃないかしら、
なんて考えがよぎったところで「抜け雀」へ。

旅の話のマクラから宿屋が舞台の噺。
マクラの熱気が自然にネタに移っていく様子に、
以前に権太楼師匠がおっしゃっていた、

「マクラというのはネタに繋がるように始めから、
 頭の中で作り上げておくものです。
 でなければ、それはただの〝駄話”なんです」

という言葉が頭の中に呼び起こされます。なるほど。
ともあれ畳み掛けるようなパワフルさに溢れた、
師匠の話芸で会場が爆笑の坩堝と化したところで中入り。


後半は橘右太治師匠の寄席文字実演。
寄席文字がもつ一つひとつの特徴の解説と、
モニターに映された右太治師匠の鮮やかな筆さばきに、
会場からは「ほー」「ほー」と感心の声が響きます。

「お好きな文字を書いて差し上げます」の一声に、
「喜!」「亀!」「優!」「悠!」
いきなり会場は市場のセリのような状況となりました。
リクエストが叶った幸運な皆さんには終演後に、
師匠の落款を押した寄席文字がプレゼントされたのでした。


いよいよトリは権太楼師匠の二席目。


ネタが始まった瞬間に舞台袖にいた右太楼さんが、
「芝浜がはじまったよ…」と思わずにつぶやいたという、
本当にまさか、まさかの「芝浜」であります。

一席目とはうってかわってピンと緊張が張り詰めます。
師匠の大きな感情表現に心が揺さぶられずにはいられません。
客席には涙をぬぐうお客様の姿もそこかしこで…。

サゲとともに大きな拍手。追い出し太鼓が響き、緞帳下りる。
新春せと末広寄席、終演でございます。


爆笑噺と人情噺。
権太楼師匠の大ネタ2席という、
我々のような小さな会が開く寄席で
こんな事が許されてもいいのでしょうか?

運営上で行き届かない部分もあったと思いますが、
おかげさまで遠くからいらっしゃったお客様も、
十分に満足していただけたことと思います。

ご来場の皆様。出演者の皆様。
運営を支えてくださったホールの皆様、
お手伝いいただいた、せと末広商店街の皆様に
そして、楽語の会の若鯱亭笑天様と奥様。

本当にありがとうございました。


寄席はこんな様子でしたが、
舞台裏の様子などはワシ&相棒コンビが、
改めて紹介してくれることでしょう。


多分。
スポンサーサイト
2011-01-09

加藤さん

中日新聞さんがさっそく昨日の寄席の様子を、
今朝のなごや東版に掲載してくださいました。

中日新聞


名古屋市内であれば落語会はたくさんあります。
でも、瀬戸で私たちのような小さな市民団体が、
本格的な落語会を開くのはニュースになるのです。

すんません。自慢しました。


以下 一部抜粋。

新春寄席で初笑い
地元ネタも登場

瀬戸市の市民団体である「末広亭ですえひろがりの会」による
新春寄席が八日、同市蔵所町の瀬戸蔵で開催された。
柳家権太楼さんらが登場し満員の三百四十九人で埋まった会場には、
爆笑が絶えなかった。

抜粋終わり。
全体的にいい感じで書いていただいております。
ありがとうございます。


ところで、見出しにある「地元ネタ」というのは、
権太郎師匠の一席目のマクラで披露されたエピソード。

師匠には瀬戸に親交のある方がいらっしゃって、

「その方は加藤さんって人でね」

と紹介したところで瀬戸には加藤姓が多いことを知る
地元の方から笑いが起こったのを見た師匠が、

「(加藤さんは)いっぱいいるみたいですねぇ」

と、さらに会場を沸かせたときの模様です。

「加藤さん」という名前を権太楼師匠が口にされたときに、
事前に仕込んでおいた地元むけの「くすぐり」だと思われた方も、
中にはいらっしゃったのでしょう(実は自分もそうでした)。

だって本当に瀬戸には加藤さんはものすごく多いんだもの。
「瀬戸の加藤さん」で個人を特定するのは不可能というもの。

だからお客さんから思わず笑いが起こり、
その空気から察した権太楼師匠が瞬時にキレイに切り返した、
小さいながらもさすがの名人芸といえましょう。


それはさておき、
新春寄席の記事の下に掲載された話題。

「ショートストーリーなごや
 佳作に加藤さん(瀬戸)」

これ、ワザとやってるんだったら、
中日新聞師匠もなかなかの名人芸の持ち主ですな。
2011-01-08

キセキの芝浜

満員のお客様に、演者さんたちの熱演、
そしてまさか、まさかの権太楼師匠の「芝浜」!
追い出し太鼓が聞こえないほどの大きな拍手。

ふわふわと感激の余韻に浸っておりますゆえ、
まだ冷静に新春寄席の報告ができません。

そこで本日の寄席にまつわる、
嬉しい裏話をご紹介いたしましょう。


今回の新春寄席の会場となった、
瀬戸蔵つばきホールのスタッフの方は、
実は若くてきれいな女性でした。

不慣れな我々からの要望を受け止めて、
素晴らしい舞台を作り上げてくださった彼女は、
何と寄席の翌日の9日に挙式をあげられるそうです。


そんな彼女の結婚式直前のお仕事で「芝浜」。
しかも権太楼師匠の極上の「芝浜」です。


権太楼師匠はご自身もご存知ないところで、
一人の女性の門出への小粋な贈り物をしていたのです。


まさに奇跡の「芝浜」。


舞台袖で音声や照明の演出をしていた彼女の心に、
きっと深く響いたことでしょう。


どうかお幸せに!
プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。