FC2ブログ
2012-05-31

続 お客様と演者さん

今回のせと末広寄席は新しい試みの2人会。

川の家河太朗さんと微笑亭さん太さん、
2席ずつ披露していただきました。

普段のように前半2席で中入り後に
長講一席という構成も選択できたのですが、

これから長く寄席を続けていくために、
新しいパターンも試してみたいと考えて、
同じ位の長さの噺を4席とお願いしました。

しかし実際はトリの河太朗さんの噺は
圧巻の大ネタであった「口入屋」。

スタッフから又聞きしたところによると、
中入り時間にお客様と話をしていた河太朗さんが、
リクエストに応える形でネタを変更されたのだとか。

お客様の入りや年齢構成、盛り上がり具合に、
会場内の温度などいろいろな要素を考慮しての
決断だったことは間違いないところでしょう。


ともあれ、結果は大盛り上がりの大成功。


特にリクエストされた当人のお客様にとっては、
一際、楽しい時間となったのではないでしょうか。

落語という文化がなかった瀬戸のまちで、
寄席の回数を重ねていくうちにお客様の目も肥え、
演者さんたちとの交流が豊かになっていき、
このような展開が生まれる場になったのです。

活動を始めたときに描いた理想の形が、
すこしずつ垣間見えるようになってきました。

順調に活動を重ねてきた我が会ですが、
よりお客様に楽しんでいただくことができるよう、
演者さんとも話し合いを深めながら、

いろいろな工夫をしていきたいとの思いを
新たにした4年目の第1回せと末広寄席でありました。




今日のさん太さん

DSCF8719.jpg

容疑者宅への潜入取材ですか!
しかも肝心の末広亭を隠してどうしますか!

・・・って、ホントにスミマセン。
もうしません。約束します。多分。
スポンサーサイト



2012-05-29

写真の不思議

さて、微笑亭さん太さんの大ファンのウチの子。

さん太さんの落語を聞くたびに購入してきた、
新作落語のCDが今回めでたくコンプリート。

これを記念して、CDにサインしていただき、
その上、一緒に写真まで撮っていただきました。

その時の写真を公開しようと思ったのですが、
最近は子どもの顔をネットに出すのは、
思わぬ悪用をされる恐れがあるので避けたほうが良い、
という話をどこかで聞いたばかり。

男子ながら父親に似て愛らしい顔立ちのわが子。
何だか急に心配になってきました。


そこで、このような形にしてみたのですが・・・。

さんたさん1

あれ? おなしいな、どうしてだろう?
さん太さんがイケナイ人のように見えてしまいます。


じゃあ、さらに写真に加工を加えてみて・・・と。


さんたさん2

う~む。

こうなると、この写真のどこかに、
写ってはいけないものが写っているかのような、
何だかうすら寒い気持ちになってきました。

どうしてなんだろうなあ。


なんて・・・

さん太さん、大変失礼いたしました。
いろいろ快くお引き受けいただいたのに、
こんなことして、本当に申し訳ありません。

今回購入させていただいたCDも、
擦り減るまで聞かせていただきます!!

CDは擦り減りませんけど!
2012-05-28

子ども(ウチの)が見た「せと末広寄席」

第13回のせと末広寄席。

満員のお客様の中に小さな子どもが3人。
そのウチ2人は落語マニアの甥っ子と、
さん太さんファンのウチの子でした。

ギュウギュウ詰めなのに身内を入れて、
大変申し訳なく思うのでありますが、

彼らとて自分のお小遣いから木戸銭払って
やってきたのですからご容赦ください。

で、今回の4席。

僕らは全く見ることができなかったので、
小学生の目と耳にはどのように感じたのか、
ウチの子に聞いてみることにしました。


さん太さん「やかんなめ」
―――――――――――――――――――――――
子『のりPのあぶない薬ってセリフが出たよ!』

キミ! いきなりそこですか!!
さん太さんも古典落語の中にどのように、
そんな言葉を入れ込んだんだか。



河太朗さん「江戸荒物」
―――――――――――――――――――――――
子『なまりで言葉が通じない噺。面白かったよ』

ネットであらすじを調べてみて知ったのですが、
河太朗さんの江戸言葉が聴けたのですね。
う~ん残念です。


さん太さん「かりそめ旦那」
―――――――――――――――――――――――
子『面白かった。お蔵入りってどうゆうこと?』

サゲの意味がわからなかったんだね。
え~っと、今度ゆっくり説明するから。


河太朗さん「口入屋」
―――――――――――――――――――――――
子『すごく面白かったよ!』

大ネタだし、夜這いの噺のはずだけど、
意味はわかったのかな?

子『わかんなかったけど、ずっと面白かった』

ともあれ、こうゆうところから大人の世界を
垣間見るのも良いことなんじゃないかな?
キミもそろそろ思春期だしね!


という訳で、

感想を伝えるボキャブラリーが
「面白かった」しかないのが
親としては気になるところですが、

楽しんでもらえたのなら何より。
お小遣いはたいて見に来てよかったな。

これからも落語をいっぱい見て聞いて、
日本語の豊かな表現力を自分のものにしておくれ。

2012-05-27

13回こぼれ話

さて、昨日の興奮も冷めやらぬワシ。
重いものも持っていないのになぜだか筋肉痛。
なぜ?

今回は相棒の二男君が参戦。
川の家河太朗さんに抱かれた二男君の可愛いことかわいい事。
ワシ、食べてしまいたくなりました。
長男君の可愛さも各段に増してきて、親戚の気分になってきた。
いろんなものをあげたくなってしまう。

ああ、祖父母の気分。


今日はお楽しみの女子プロレス観戦もあるっていうのにワシ、朝から起きれなかった。
落語とプロレスが大好きなワシ。

スペシャルな週末だ。
2012-05-26

第13回せと末広寄席レポート

今日はとうとう来た! 4年目のせと末広寄席。のご報告。



本日はなんと50人のお客様においでいただきました。
50人。
末広亭をご存知の方ならちょっと驚いちゃう数です。
ぎゅーぎゅーの状態で皆様にはご不便をおかけしました。
何名もの方をお断りしないといけなくて心苦しい限りです。


今回は末広がりの会、チャレンジの会。
というのは、いつもと構成を変えて、お二人の演者さんで

3席~中入り~1席

というもの。

皆さまの反応やいかに!
と、ドキドキするワシら。

でも、50人のお客さまでいっぱいの会場にはもちろん入ることはできず外から息をひそめて伺うのみ。

1、 やかんなめ さん太
1、 江戸荒物 河太朗
1、 かりそめ旦那 さん太
  ~仲入り~
1、 口入屋 河太朗


今回は名古屋からいらしてくださったお客さまや、小さなお子さん連れのお客さま。
いつもとは違った顔で開催の会場は・・・

大いに沸いていただきました!ありがとうございます。


会場の外ではこんなことしてました。



技術兄さんがベビーシッター。




誰にも指摘されない、おそろいのTシャツ(笑天LOVE)。



ワシ、幸せだなと思ったのは、こんな暖かい商店街で落語の開催のお手伝いができるってこと。



ご来場、誠にありがとうございました。
プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking