FC2ブログ
2009-12-16

怒涛の一週間~大名古屋落語祭を中心に~水曜日

さて12月9日水曜日。
待ちに待った「SWA(創作話芸アソシエーション)」だ!

相棒とアートピアホールへ。
s-スワ落語祭
うっほ! ウチの技術サンもブログに書いてた通り、超真ん中! そして誰にも前をさえぎられない好位置!


開演前には 相棒に 出産祝いセレモニーをやったりキャっキャと過ごす。
キャッキャ!


アレレ? 今回はスクリーンがないぞ?
4人が出てきてお話を。
「前回はブレンドストーリーというものをやったんですが・・・」と始まる。
「名古屋のお客さんがポカーンとしてたので、今回はその元になるは新作落語を・・・」。
ええええええ! 前回ポカーンとなんてしてないよ、びっくりあんぐりしたけど。。。

残念だけど、気を取り直して。

s-スワ落語祭り番組表
こんなカンジ。

1、三遊亭白鳥「マキシムド呑兵衛」
1、柳家喬太郎「柚子」
    中入り
1、春風亭昇太「オヤジの王国」
1、林家彦いち「青畳の女」


白鳥師匠「マキシムド・・・」はもう定番。
昇太師匠がやったのもおもしろかったなぁ。
コレ、好き。

喬太郎師匠「柚子」。
まぁ、めちゃくちゃでおもしろかった。
ナンダロ、でも、ホロリとさせてしまう師匠。
どうやって作ったのかが気になるなぁ。

昇太師匠「オヤジの王国」。
師匠は手がかわいいなぁ。
上に上げたときの師匠の手が好き。

彦いち師匠「青畳の女」。
前回のブレンドストーリーのムアンチャイといい、彦いち師匠は味がある。
個人的には、この噺が好き。
元競技人のワシとしてはなんとも感じ入るところがある。
「弱い」と言われた彼女。
格闘家の師匠だからこその噺だなぁ。


人生経験とか、人としての幅とか、心のひだとか、、、
そういったものがすごく反映されると思う、新作落語。
もちろん古典でもだけど。



最後は4人一緒に出てきてお話。
当日は昇太師匠の50歳の誕生日。
なーんて若々しい50歳でしょう。
サプライズケーキで会場みんなで「ハッピーバースデー」の大合唱。

ワシと相棒は大声で歌ったのだ。
技術兄さんが「大きな声で歌ってたね・・・」って。
だって! 昇太師匠に「ハッピーバースデー」を歌えるなんてすごくない??


というわけで満足な会でした。
でも、次回はブレンドストーリーが見たいな。
演者の皆さんは大変だと思うけど。



その後、「餃子の王将」で落語って楽しいね!
ってキャッキャしたわけです。

キャッキャ!


スポンサーサイト



プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking