FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-31

技術さんの桜メモリー

マイペース・マイワールドを貫く美術さんですが、
情けに弱いという一面もございまして…。



今を去ること10年程前(笑)。



わが社にはかつて東京の関連事務所に若手を派遣して、
現場で2年間の修行をさせるという研修の制度がありました。
6年間実施されたその派遣研修の第1号が実は技術さんで、
そして、最後の3人目が美術さんだったのです。

研修を終える美術さんののために送別会を開かれると聞き、
6年間のお礼を言わねばと技術さんが東京に駆けつけたのは、
桜の花が咲き始めるちょうど今くらいの時期でした。

馴染みの小さな居酒屋で開かれた送別会。
お世話になった皆さんの笑顔に囲まれての乾杯の後、
さっそく美術さんに「何か一言!」と声が飛びました。

立ち上がった美術さんの笑顔は数秒で消え、

「皆さんには本当にかわいがっていただいて・・・」
と語り始めたところでいきなり絶句そして号泣。

ボロボロになりながらも皆さんの温かい眼差しの中で、
なんとか最後までお礼の挨拶を終えたのでした。


湧き上がる大きな拍手。
一生忘れられないであろう感動のひと時。
そんな優しい余韻が残っている中で、


「じゃあ次は先輩からも一言!」…ってワタシですか? 


「じ~んとした空気ができあがっちゃったこの状況じゃ
 何も言えませんよ! 自分泣きキャラじゃないし!」

正直な気持ちを叫んだらみんなが笑ってくれました。
感動的な雰囲気はどこかへ流れてしまったけど、
とりあえずウケが取れてひと安心の技術さんでした。


しかし、感情を表に出す時にさえマイペース、
まあ、良く言えば「素直な」美術さんはそれ故、
皆から愛される存在だったのだなと感じた春の宵でした。



なんて、ちょっといい話を紹介してあげたりしても、
相変わらず美術さんはココを読んではくれないのでしょう。


いいもん、このままシリーズを続けるから。


読んでくださるみなさんにとって、
この内輪話が面白いかどうかは、この際さて置いて。
スポンサーサイト
2010-03-30

技術さん、また美術さんを語る

思えば美術さんとは長い付き合いになります。
振り返ればあんな出来事やこんな出来事が脳裏を駆け巡り
まるで、走馬灯のよう。

だから、ネタに困った時は美術さんの事を思い出せば、
話題が尽きることがなくて本当に便利です。


という訳で、今を去ること5年前(笑)。


若き美術さんがリーダーとなって、
一緒に接遇マナーのセミナーを企画したことがあります。


講師は航空会社の元客室乗務員で大変上品な女性の方。
事前の打ち合わせでは言葉遣いや身だしなみのチェックなど、
実習を通して学ぶという内容でした。

となれば、事務局としても当然身だしなみに気をつけて、
セミナーの受講者の皆さまをお迎えすべきでしょう。

そこで、技術さんは普段はほとんど着ることのない、
おしゃれジャケットを身にまとって会場入り。


しかし、そこで驚くべき光景を目の当たりにしたのです。



美術さんが・・・
主催者のリーダーである美術さんの格好が・・・・


ヒゲ美術さん
こんなんでした。



クタクタのトレーナーにぶかぶかのジーンズ。
履き古された運動靴に、ズボンのベルトはベルト穴から外れて、
余った20㎝ほどの部分がブラブラしています。


もちろん、顔はヒゲ。


「よりにもよって、このセミナーの日にその格好かよ!」

開始前に他のスタッフとともに激しく叱責をしておりましたら、
その声が控え室まで届いていたらしく、講師の先生が冒頭で、


「美術さんにはビデオ撮影などをお願いしておりまして、
 今日は動きやすい格好でとお願いしたんですよ」

やさしく…そしてムリのあるフォローを入れてくださいました。


講座の講師の方に、ここまで気を使わせる・・・。
マイペース・マイワールドな美術さん。

メンバーでありながらこのブログを読んでないという、
実に恐ろしいマイペースぶりを今も発揮しておりますゆえ、
どんな話題を書いても大丈夫という安心感があります。


ということでシリーズ化決定。


これからも美術さんメモリーに御期待ください。
2010-03-29

技術さん、クセになりそう

お久しぶりの技術さんでございます。

1週間単位でブログ担当をグルグル回しておりますと、
旬のネタを書きそびれてしまいそうになりますが、
かまわず行きます。


え~、今を去ること1週間前(笑)。


3月21日に瀬戸の中心市街地にある
「パルティせと」と「瀬戸蔵」という二つの施設の
オープン5周年記念イベントがございました。

さっそくいそいそと出かけて行きますと、
街にはなんだか人がいっぱいで華やかな雰囲気。

両施設で各種おたのしみ満載の1日ではありましたが、
技術さんの目的は雷門獅篭さん出演の「パルティ寄席」。

獅篭さんの落語2席と、ひと:みちゃんの漫談で
この寄席の木戸銭はなんと無料!!
会場は定員を超えて立ち見が出るほどの盛況でした。


ところで技術さん、ひと:みちゃんはこの日が初体験。
獅篭さんの漫画に出演(?)されているのを見ただけ。
「艶歌シャンソニエ家元」を名乗る芸人の漫談とは?


一席目「初天神」が終わったところで獅篭さんがポソリと、
「これからバケモノが出てきますから」と予告。

そして現れたひと:みちゃん!!

・・・う~ん、私の筆力では説明できません!!
会場を見渡すと満員の来場者の頭の上に
ポコポコポコと「?」が浮かんでるのが目に見えるよう。
「演芸の世界」って果てしなく広がる大海原のようだね。

でも、なんだか後を引く「ひと:みちゃんワールド」。
行こう、大須に。ひと:みちゃんを見に行こう。

不条理な世界に続いては再び獅篭さんの古典「長短」。
終わり際に「これからは定期的にこうゆう席を」なんて
獅篭さん、ホントですか!? 

無料じゃなくていいですから! 木戸銭払いますから!
ぜひぜひ、定期的に瀬戸で落語をプリーズ!
アンド ひと:みちゃんの漫談もプリーズ!
2010-03-28

もうすぐ寄席文字

もうすぐ、ワシの大好きな寄席文字のお教室が始まる。
今からワクワクだ。

今度はどんな文字を書くのかな。
上手になったら、絶対せと末広寄席のメクリを書くんだ。
頑張るぞー。

春はもうすぐ。
桜の花が少しずつ咲いてきた。
ワクワクするなぁ。
今年は京都に行くのはお預けだけど・・・。

4月からは不安なことがたくさんだけど、どうにかなる、ハズ!!

2010-03-27

散髪

今日は散髪に行ってきた。
美容院の人に落語を熱く語るワシ。

どんなにすげー楽しいか。

でも、美容院の人も大変だなぁ、イロイロな話しを知っていないといけない。
落語の話しと漫画の話しで1時間。

現在、BASARAを再読中。
明日はNANAの続きを読もう。
なんかすごいことになってるらしい。

志らく師匠のシネマ落語ならぬ、漫画落語なんかないかな。
獅篭さんはガンダムネタをやるから、獅篭さんが漫画落語をやらないかな・・・。


4月に向けてさっぱりしたワシの頭。
がんばるぞー。

2010-03-26

車、直りました

ワシの愛車、やっとこ直りました。

車に何があったかというと・・・

ガラスがこんな風に割られて、
ガラスがぁ

応急処置  をしてもらい、

まだまだ 直らなかったのです。

が、とうとう直った。
12月20日からなんと3ヶ月。
クラシック(良い言い方をすれば、ね)な車は時間がかかるです。


s-愛車修理!
こんな風になりました。
愛車にはもう少しお付き合いしていただこうと思う。

4月からは本格的な「ジテツウ」になるんだけどね。
えへへ。有言実行したいと思います。

2010-03-25

今日は開幕5周年

今日は3月25日。
瀬戸市にとっては忘れられない日。
そして、ワシにとっても。

5年前の今日、愛qp地球博が開幕した。
本当に本当に寒い日で雪が降っていたんだ。
ワシ、その日は瀬戸会場にいた。
まだ、全然人気のない、モリゾーキッコロも寒そうにしていた。

瀬戸市は、瀬戸市民は、万博でたくさんボランティアをやったり、
市外の人をおもてなししようといろんなことを考えた。
その結果、現在瀬戸は本当に市民活動が盛んだ。
万博はいろんなきっかけになった。

ワシらの会も今年度「モリコロ基金」という、万博の収益金で運営されている、
市民活動のための基金から助成を頂いてこの会を立ち上げた。

なので、ワシらの会も「万博の成果物」なのかも知れないなぁ。



開幕5周年。
なんだか今日もセンチメンタル。

2010-03-24

歓送迎会ラッシュ

季節柄、歓送迎会が多い。
新たな出会い、そして別れだ。

明日は送別会。
結構、寂しい。
とってもたくさん頑張って働いてくれた同僚がいなくなるのだ。
「仕事上」と割り切るのもなかなか難しいものだ。

と、センチメンタルになってしまったので

三遊亭白鳥

を聞く。

うーん、明るくなれるなぁ(笑)

ワシも来週には送られてしまうのだ。
頑張らねば。

2010-03-23

iPhone

ワシのほしいものナンバーワンiPhone。
会社で「ほしいほしい」と騒いでいたら伝染したらしい。

iPhone感染。

二人もiPhoneにしはじめた。
「ワシさん、絶対iPhoneいいよ」とか、
「予定がこんなふーに入れられるよ」とか、
「こんなにいいのになんで買わないの」とか、
昨日なんかは「アプリの本貸してあげる」だって。

良いのはわかってる!

iPhone販促のお礼にアップルからiPhoneもらえないかな。。。
2010-03-22

いい天気

今日はいい天気。
散歩にでも出かけたいところだが、ワシお仕事。
この三連休は毎日お仕事でした。

さて、相棒と一緒に行った『柳家三三ひとり会Vol.7』
余りにも面白かったのでワシも一言。

まずは、ワシらが寄席文字を習っている右太治師匠から「右」の字を頂いたという、
右太楼さんを初めて見れて大興奮。

そして、三三師匠登場なわけだが、
妾馬がとびきり面白かった。
特に長屋の場面が良かったなぁ。

35歳くらいでしょ? 師匠。
なんであんなに表現豊かなんだろう。
そして、ヒョイヒョイ楽屋に戻っていく足取りももう、風格有!

堪能しました。
やっぱりいいなぁ、落語。

日曜日は大府駅前寄席三周年。
パルティ寄席と落語デーだったのにもかかわらずお仕事。
残念だった。

もっと見たいなぁ、落語。

2010-03-21

つばき

“つばき”は我が町“瀬戸の花”♪
というわけで、
昨年のブログでもご紹介したが、
瀬戸には、
椿をこよなく愛するおじさま達により
結成された「つばきの会」なるものがある。
会員になるといただける
椿の苗を鉢に植え、
今年もきれいな花を咲かせた♪


ninennmetubaki
わが家のつばきちゃん!

この会を立ち上げた方は
なんと!市内に
「つばきの里」という
椿いっぱいの公園まで作ってしまった!

なんとまあ・・・
と思ったが、
わたくし達のこの会も
このおじさま達と同じようなものなのではないか???

ふふ(笑)

そう思ったら、
なんだか行かなくてはならない気になり・・・

昨日はお天気が良かったので
初めて「つばきの里」に行ってきました♪

わが子もご機嫌、良いお散歩になりましたよ。

お互い頑張りましょうね☆
なんて勝手に思いながら・・・(笑)



theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-03-20

ちょっとイイ噺

昨日は初めてのSANZA!
若い師匠は、
細い!!!
とても、ほ・そ・い!
なんともイイカタチ(笑)

寄席文字の橘右太治師匠から
名の一部をいただいたという
柳家右太楼さんもお初。

100319_2013+01_convert_20100320124709.jpg


SANZA師匠は
人間描写が素敵な古典らくごに
ちょっぴり若いエキスを振った感じ(分かる?)で
お見事!
しかも、極秘ネタ満載(笑)

相棒と共に
かなり満足♪♪


演目


例のごとく、わが子の為に
余韻もなくダッシュで地下鉄に乗り込むわたくし(苦笑)

地下鉄で貰ったチラシ達をひろげていると・・・
前に座っている姉さまが
「あら、三三だったのね。
良かったですか?何やりました?」
って!
スゴイです。
落語好きは、見ず知らずの人をも
繋げる力になるのですね・・・

その姉さま、すぐに次の駅で
「急に声をかけてごめんなさいね」
と言って、降りてしまわれましたが。

なんだかちょっとイイ噺♪

ふふふ。

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-03-19

本日

今日は、相棒との本年初落語となる!!
相棒がぜひ行こう!と誘ってくれたのが
コレ↓


サンサン

柳家三三ひとり会♪

寄席文字の右太治師匠もぜひ、って言ってた。

古典らくごをじっくり聞きに行きたいと思う。
うふふ。
なんてったって若いし

(ん?わたくし達と同じくらいだから・・・
若くないのか??)

楽しみであるのだのだ。

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-03-18

春!

わたくしの相棒が見付けた「春」は「つくし」。
「つくし」出てるんだぁ!
と感動し、
昨日わたくしも「つくし」を発見した。
なんと!
環状302号線の中央分離帯コンクリート上に!!
タンポポ同様、つくしも強いのですね♪
携帯の電池が足りず、カメラ起動出来ず。
写真無し。悪しからず。


そして本日も
春を発見!


満開

「枝垂桜」(だと思う)
満開ではないかぁ!

お花見の季節がやってくる。
そして、去年の今頃
「長屋の花見」が聞きたいな~、
なんていう事を、ココで書いたことを思い出し、
月日が経つのは早いものだ、と
しみじみ感じでおります。

お花見落語会、なぁんていう
楽しそうな屋外イベントがあったら行きたい(笑)

関東ではあるそうな。

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-03-17

楽しみ♪

購入してある
楽しみなものがある♪


CD

私にとっては、笑点の人。
落語を聞くのは初めてとなる。

CD・・・
まだ聞いてない・・・

とても楽しみ♪

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-03-16

鈴の続き

昨日の続き。

わたくしが五十鈴という土鈴を購入し、
もう少し行くと、「かわいらしい鈴」が・・・
誰がどう見ても、コレがソレである。
間違ってしまった・・・ と思いながら
せっかくなので、コレも購入。


鈴
色んな色があって、本当にかわいらしい。緑を購入。

「鈴」って、災いをはらうものとして、
神事などでよく用いられるんです。

鈴を2つも購入したが、
なんだか守ってもらえる気持ちで
Happy!だ。

そうそう、昨日書き忘れましたが、
もちろん、
我々の落語会が
末広がりに発展していきますように、
と願ってきましたのでご報告まで(笑)

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-03-15

五十鈴

春の陽気に誘われて
伊勢神宮へ!
なんて久しぶりなのだろう。
ここは・・・
不況知らずなのか?
ん?
不況だからか。
平日だというのに
人、ひと、ヒト

五十鈴川で手を清め
お参りを済ませ順路を進むと

白い馬発見!
初めてである。
神の馬でしょ?
ちなみに
鯉や鶏も初めてちゃんと見ました(笑)

で、五十鈴(いすず)なるものを購入。

五十鈴
五十鈴川の上流の土を使って謹製

かわいらしい鈴が買えると聞いて・・・

でもコレ、かわいらしいか?
と思いながら購入したが、
かわいらしい鈴は
やっぱりコレじゃなかった・・・

かわいらしい鈴については
また明日!

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-03-14

春はもうすぐ

本日、あまりの気持ちよさに、散歩してきた。
瀬戸はまだたくさん自然がある。

歩いていると、ほら

s-つくし
つくしだ。

もうすぐ今年度も終り。
4月から、また寄席文字教室も始まるし、ウキウキした気分になった。


来年度の予定はコチラ→「平成22年度せと末広寄席」

寄席のご予約・お問合せ、「オリジナル手ぬぐい」については↓

【電話】
 080-1565-6824
【FAX】
 050-7518-0270
【メールアドレス】
 setosuehirotei@gmail.com


2010-03-13

手ぬぐい作成秘話(其の四)

そして、完成したのがコレ。



s-完成桐箱


s-完成桐箱2


素敵にできた、と思う。


そしてコレが手ぬぐいの全容だっ!
s-完成した手ぬぐい

今年度のチラシに各回のロゴとして使用していた六角形に、
「せと末広亭」の文字をあしらったデザイン。

そして、沖縄大好き美術さんの思い、五四模様を。
五四(いつよ)模様とは、沖縄の伝統的な模様で、
「いつ(五)の世(四)までも平穏で永遠であるようにと願いをこめた模様」。

末広亭ですえひろがりの会が、せと末広寄席が、お客様の幸せが、長く続きますようにとの願いです。




手ぬぐい、販売しております。1つ800円。
桐箱入りもあと少し残っています。寄席の記念にぜひどうぞ。

買っていただくと、来年度の運営費になるのです。
手ぬぐい好きの方はぜひどうぞ。
メールいただければ、お取り置きいたします。


以上、手ぬぐい作成秘話でした。
秘話って程ではないのですが、手拭い作成のご報告でした。


お問い合わせ、お申し込みはコチラからお気軽にどうぞ。
お待ちしていまーす。


■手拭いのお問い合わせもこちらへ■
080-1565-6824
setosuehirotei@gmail.com



2010-03-13

手ぬぐい作成秘話(其の参)

手ぬぐいができた。
箱も用意できた。

次は、箱詰めと箱の装丁作業。
まずは、相棒と箱詰め。

まずは手ぬぐいを箱に詰める。
s-箱つめして


s-箱詰め作業中2
どんどん詰める。

s-箱詰め作業中3
詰める詰める。

s-箱詰め作業中
もっともっと。

s-箱詰め作業中5  s-箱詰め作業中3
手ぬぐい問屋か?

次に、シールを貼る作業。
s-シール貼り  s-作業作業作業

最後は袋詰め。
s-箱詰め作業中4


・・・続きはCMの後で!

2010-03-12

手ぬぐい作成秘話(其の弐)

手ぬぐいを作る!
オリジナルの超カッコイイやつを!

そして、今年度最後の2月のせと末広寄席でお客様にお披露目したい!

と心に決めたワシ、そして相棒。

美術兄さんにお願いしてデザインを10個も作ったもらった。
技術さん、営業お姉さん・・・、
会の中で投票してひとつのデザインを決める。

このデザインしかない!!!と熱く決定。

そして、発注。

もうひとつ、どうしても譲れない思いがあった。
それは、

「注染(本染)」であること。
注染(本染め)とは、形紙を生地に置き、生地の上から染め、生地を反転して再度染める技法。
手作業で行なう技術でプリントとは異なる日本古来の染め方法。

なのだ。


大垣市のの良心的な業者さんと出会うことができた。
そして、納品。

s-届いたブツ
キター!!
ワシのテンションはMAXへ!!!


みんなで「せーの」であけようと約束したにもかかわらず、

s-箱の中の手ぬぐい
こっそり開けちゃったワシ。


この手ぬぐい。
コレだけでは終わらない。

次に、この手ぬぐいを箱詰めするのだ。
実は、少し前に桐箱をとある筋から頂いた。

s-桐箱
これは、桐箱に陶器を入れて、商品として箱書きしたものの、
箱が不要になってしまった、というもの。

この箱書きは墨である。
桐に染み込んだ墨をどうやって取ったらいいんだろう・・・。

そこで、瀬戸にある OZIO 田中木工さん に相談をすると。

こんな機械を使わせてくださった。
s-ベルトサンダー
ベルトサンダー。

ワシ、削る削る。粉だらけになりながら削る!
OZIOさんありがとうございます。

で、できたのがコレ。
s-削った桐箱

s-40個の桐箱
40個完成。


・・・続く。

OZIOさん、素敵な家具を作ってくださいます。
ぜひ、注文してみてくださーい。
OZIO 田中木工さん



2010-03-11

手ぬぐい作成秘話(其の壱)

ワシと相棒の共通の趣味はもちろん落語。
落語好きが高じて、なにやらこのようにブログも書いている。

もうひとつ、ワシらの大好きなもの、それは

手ぬぐい

このブログでも手ぬぐいについてはずっとずっと語っている。
手ぬぐいについて 、 おもしろ手ぬぐいについて 、 ワシの手ぬぐい自慢 、 談春手ぬぐい 、 ひょうたんつぎ手ぬぐい 、 手ぬぐいになりたい 、 噺家の手ぬぐいについて 、 郡上手ぬぐい 、 記念橋手ぬぐい 、 志らく手ぬぐい 、 相棒の戸惑い

こんなに、書いてる。

ともかく手ぬぐいが好き。
手ぬぐいには日本人の合理性とか、美意識とか、粋とか、
なんかそういう色んなものが詰まっている感じがする。
この手ぬぐいを教えてくれたのも、今は東北に生息している「ちびっ子相棒」のお陰。
ちびっ子相棒は何でも手ぬぐいを使用して生活を楽しくする。
そんな影響もあって、ワシらはともかく手ぬぐいが好き。

で、ワシ、いつか自分のオリジナル手ぬぐいを作りたいと思っていた。
その野望はずっと心の中に秘めていた。
そんな時、いつも寄らせていただく「大府駅前寄席」さんが2周年を迎えた。
ワシ、寄せてもらった際にこんなものを頂いた。

大府駅前寄席2周年手ぬぐい

二周年手ぬぐい
大府駅前寄席手ぬぐい!

ワシは大感動をして、岐路についた。
大興奮して運転したので、道に迷って帰宅。

帰り道、決意を新たにした。


「絶対、手ぬぐい作る!!」



・・・続く

2010-03-10

寝る

今日は、風邪をひいたため、午後五時まで寝続ける。
・・・17時間くらい寝てる?!

とうとう、夢にまでiPhoneが出てくるようになってきた。


手拭い秘話は明日以降に。。。



2010-03-09

平成22年度の予定です

今年度はご来場ありがとうございました。
改めて、平成22年度の予定をお知らせします。


■第5回せと末広寄席 
 平成22年 5月22日(土)
 五月晴れ 笑いであっぱれ せと末広寄席

■第6回せと末広寄席 
 平成22年 8月28日(土)
 蝉たちも 笑い賑やか せと末広寄席

■第7回せと末広寄席 
 平成22年11月27日(土)
 山燃えて 笑いで燃ゆる せと末広寄席

■第8回せと末広寄席 
 平成23年 2月26日(土)
 梅は咲き 笑いもほころぶ せと末広寄席

※各回とも、午後2時から、木戸銭500円

予約を受け付けております、ぜひお電話お待ちしております。

【電話】
 080-1565-6824
【FAX】
 050-7518-0270
【メールアドレス】
 setosuehirotei@gmail.com




2010-03-08

落語会情報(パルティせと5周年祭)

落語会情報。
コレは、超耳より情報だ。

わが瀬戸市は、愛qp地球博の開幕にあわせて
「パルティせと」

「瀬戸蔵」ができた。

この2つの施設が開館5周年を迎える。
そこで、この施設が「瀬戸っちゃお!」と銘打ちイベントを行なうのだ。


s-せとっちゃお2
パルティせとのチラシ。

s-せとっちゃお1
瀬戸蔵のチラシ。


パルティせとのチラシをよーーーーく見てほしい。

s-せとっちゃお3
じゃじゃん!

雷門獅篭さんの落語会が開催される。

しかも!

無料!!

ぜひ、パルティせとへお出かけください。

■日にち:平成22年3月21日(日)
■時 間:11:00~12:00
■木戸銭:無料!
■場 所:パルティせと2階
■入 場:先着50名
■出 演:雷門獅篭、ひと:みちゃん(艶歌シャンソニエ家元)




2010-03-07

スクラップ技術さん

今週は落語にまつわる新聞記事が多かったですね。

6代目三遊亭円楽の襲名披露会のニュースに、
先日も日記に書いた雷門獅篭さん率いる
「海演隊」の新聞ジャックもありました。

今朝7日の中日新聞の1面のコラム欄では
古今亭志ん生の逸話が取り上げられてましたね。
例のやんごとなき御一族のお話にからめて。


そんな落語記事ラッシュの中でも驚いたのは、
「三遊亭円生」の名跡の争奪戦のニュース。

名人といわれた「円生」の名をかけて、
鳳楽師匠と円丈師匠が落語で勝負しようというもの。

新作落語のイメージが強い円丈師匠が何故?
落語初心者の技術さんはさっそくネットでリサーチ。

落語好きの方には常識なのでしょうが、
円丈師匠は円生の直弟子で若いころから
特に目をかけられていた存在だったんですね。

ところが円生師匠は「新作」嫌いだったとか。

だから円丈師匠が新作落語を話し始めるのは、
師匠円生の死後からだったとのこと。

なるほど、芸に厳しい師匠の元で研鑽を積み、
そこで認められた確かな実力があるからこそ、
円丈師匠の新作が落語に革命を為し得た訳ですね。


芸歴をひも解いてみて、惚れ直しました円丈師匠。


ところでこの落語勝負について新聞記事では、
(鳳楽師匠による)襲名を盛り上げるための「シャレ」、
なんてまとめ方をされていたりしますが、

http://www.asahi.com/culture/update/0302/TKY201003020429.html

「シャレ」の衣をまとった円丈師匠の本気が、
行間から伝わってくるような気がします。


「円生争奪杯」は3月17日。場所は浅草、東洋館。
もちろん行けないしチケットもあっという間に完売!


むむう。残念ナリよ。DVD出ないかなあ。
2010-03-06

技術さん美術さんを語る2

卓抜したデザイン能力を持つ美術さんは、
その反面、日本語力が少し残念な人なのです。

とある中華料理屋さんで開かれた宴会に、
美術さんと同席したときにこんな事がありました。

運ばれてきた点心の盛り合わせの中にあった
小籠包を指さして我々の先輩にあたる人が、
「これは何?」と周りを見回して尋ねました。

これに一早く反応したのが我らが美術さん。

「噛むと中から熱い汁が"ダーッ!"って出てきて
 "アッチャイチャイ!"ってなります!!」

「小籠包」とはどんな食べ物で、どんな味なのか、
説明しようという意識が全く感じられないよ、美術さん!

「そうか」って先輩が食べてくれたからよかったけど
…てゆか先輩もこの説明で納得できたんですか?

こんな風に、なんでも「ダー!」とか「ドワー!」とか、
擬音だけですべての物事の説明を完結させてしまう。
これこそ美術さんの「イメージ日常会話」の真髄です。

とは言っても…

実は美術さんは、結構いい年なんだから、
もう少し大人の言葉を使えるようにならなくちゃ。

せっかく寄席の会のメンバーになったことだから、
たくさんの落語を聴いて、繊細で表現豊かな美しく
小粋な日本語を駆使できるようになって欲しい。

先輩である技術さんはそう思わずにはいられないのです。

2010-03-05

技術さん美術さんを語る

卓抜したデザイン能力を持つ美術さんは、
我々のかけがえのない仲間なのでありますが、

秘密のベールに包まれた私生活と、
時に理解不能の不思議な精神構造を持つ、
ナゾの人物でもあるのです。

今から数年前にもこんな事がありました。

美術さんの母校のラグビー部が長年の宿願であった
全国大会“花園”への出場を決めました。

周りから祝福の言葉をかけられた美術さんは、
全く興味がない様子であるどころか、
そもそもラグビーが何人でやる競技かも知らず、
「15人なんだ へえ~」と
心から感心してやがるのです。

試みにサッカーチームは何人か聞いてみると、

「南葛イレブン・・・だから11人?」

いちいちキャプテン翼のチーム名を口にしないと、
思い出せないのかこのヒゲは。じゃあ野球は何人さ?

「南葛ナイン・・・で9人かな?」


もはや翼くん関係ないじゃないよのさ。

野球やサッカーは男の子の通過儀礼でしょう?
それ以前に野球の人数なんて一般常識じゃないの。

どんな子ども時代を過ごしたら、
このような成人男子になるのでしょう?

彼の生い立ちへの興味は尽きないのであります。
2010-03-04

ワクワク技術さん

さて、あの獅篭さんを中心とする大須芸人さんが、
今週はいろいろな大手新聞に出まくっております。

とりあえず、月曜日の朝刊にドカンとでっかく
掲載されていたのには、ビックリいたしましたとも。


なんでも、大須芸人さん5人で
『東”海”地区に”演”芸を広め”隊”』、
すなわち「海演隊」を結成され、戦隊モノよろしく
リーダーであるレッドに就任されたのだとか。

実は昨日の日記に書いた2月の寄席も
「海演隊」の活動の一環だったのです。

最近、獅篭さんのブログを拝見していたら、
東京での落語会の告知がいきなり目に飛び込んできて、
このまま東京に戻ってしまうのだろうかと、
小さな胸を痛めておりましたが杞憂だったようです。

これは東海地方の演芸ファンにはかなりの朗報でしょう。

そればかりではありません、獅篭さんの発案により、
『瀬戸の街を地下アイドルの街化計画』が発動されたのです!

・・・・?

何のことかさっぱりイメージが分かりません!!
でも、もうウチの街を好きにしちゃってください!!
お任せします!!

ウチのメンバーであるワシ後輩を地下アイドルに
仕立てあげていただいても全くかまいません!


そんなこんなで、獅篭さんと海演隊の活動からは、
当分、目を離すことができないようです。


個人的にはグリーンこと
柳家三亀司師匠の至芸を瀬戸で見たいです。
でも、せと末広亭では狭すぎるよなあ。
2010-03-03

技術さん笑ったり手伝ったり

さて、話は前後しますが、我々の寄席の前の週に、
雷門獅篭さんたちが、同じ末広亭で寄席を開きました。

出演は、獅篭さんに美人講談師の古池鱗林さん。
そしてはるばる大阪から桂三若さんの3人。

ほぼ満席となった会場の最前列ど真ん中に、
小学生くらいの女の子が陣取っていて、
「落語(講談)を理解してもらえるだろうか」
ってな緊張感が出演者のみなさんに漂っていて
それが妙におかしかったです。

でもその女の子、よく笑ってましたね。
きっと聡明なお嬢様なのでございましょう。

鱗林さんのキレのよい忠臣蔵の外伝の物語に続いて、
獅篭さんの新作「遠山の金さん制度」。

例の前列真ん中の女の子の目の前で獅篭さんが、
繰り返しもろ肌を脱いでおりましたが、
何かに目覚めちゃったりしてないでしょうね。

そしてトリは初めてお目にかかる桂三若さん。
演じるは桂三枝師匠による新作落語「鯛」。

2007年から一年かけてバイクで日本中を巡って、
落語を披露してまわったという三若さん。
ものすごいパワーに圧倒されっぱなし笑いっぱなし。

いや、お腹イタくなりました。マジで。

来場したお客さんが大満足で家路につく中、
開催中の「お雛めぐり」のために寄席で展示してあった
雛人形の復旧作業を手伝わせていただきました。

鱗林さんも、獅篭さんも、三若さんも、
商店街の役員さんたちも一緒にお雛かざり。

なんとも楽しく贅沢なお手伝いでありました。

獅篭さんたちのせと末広亭登場は
ウチの会も含めてこれで3度目でありますが、
今後もどんどん企画していただきたいものです。

僕らもセッセと通いますから。
プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。