FC2ブログ
2010-03-03

技術さん笑ったり手伝ったり

さて、話は前後しますが、我々の寄席の前の週に、
雷門獅篭さんたちが、同じ末広亭で寄席を開きました。

出演は、獅篭さんに美人講談師の古池鱗林さん。
そしてはるばる大阪から桂三若さんの3人。

ほぼ満席となった会場の最前列ど真ん中に、
小学生くらいの女の子が陣取っていて、
「落語(講談)を理解してもらえるだろうか」
ってな緊張感が出演者のみなさんに漂っていて
それが妙におかしかったです。

でもその女の子、よく笑ってましたね。
きっと聡明なお嬢様なのでございましょう。

鱗林さんのキレのよい忠臣蔵の外伝の物語に続いて、
獅篭さんの新作「遠山の金さん制度」。

例の前列真ん中の女の子の目の前で獅篭さんが、
繰り返しもろ肌を脱いでおりましたが、
何かに目覚めちゃったりしてないでしょうね。

そしてトリは初めてお目にかかる桂三若さん。
演じるは桂三枝師匠による新作落語「鯛」。

2007年から一年かけてバイクで日本中を巡って、
落語を披露してまわったという三若さん。
ものすごいパワーに圧倒されっぱなし笑いっぱなし。

いや、お腹イタくなりました。マジで。

来場したお客さんが大満足で家路につく中、
開催中の「お雛めぐり」のために寄席で展示してあった
雛人形の復旧作業を手伝わせていただきました。

鱗林さんも、獅篭さんも、三若さんも、
商店街の役員さんたちも一緒にお雛かざり。

なんとも楽しく贅沢なお手伝いでありました。

獅篭さんたちのせと末広亭登場は
ウチの会も含めてこれで3度目でありますが、
今後もどんどん企画していただきたいものです。

僕らもセッセと通いますから。
スポンサーサイト



プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking