FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-31

師匠発見

三回連続でいけなかった寄席文字のお稽古。
もう、悲しいッたらありゃしない。
師匠、すみません・・・。

でも、寄席文字を片時も忘れない、ワシ。
それを照明するような出来事があったのだ。

その日は友人とコンビニへ。
いつもは見ない雑誌をなんとなく手に取る。

s-ケリー
コレ。

オカルト好きの友人。
なのに、「パワースポットだけど、買うのやめよッかな」と。

「じゃ! 私が買う!」となぜかレジへ。

早速おうちで開く。

s-ケリー開く
なんだか、このページがあやしい。



ここは、どうやら

s-ケリー船廊下
「船廊下」というらしい。

なんとなく、なんとなく、予感が・・・。

s-ケリーアップ
まさか、ほら、なんとなく、やっぱり・・・


s-ケリーでた!

あったー!!!! 

やっぱりあった、右太治師匠の千社札!




ワシすごーい。
師匠への愛がなせる技だわ、と一人納得。

すごい。うん。すごい。

月刊「KELLY」7月号。必見です。
定価480円。

http://kelly-net.jp/index.html



次回は寄席文字行きたいなぁ。
この雑誌を用意してたのに。
師匠に報告できませんでした。

皆さん、寄席文字教室レポヨロシクです。


スポンサーサイト
2010-05-30

技術さんは見た

夕方に何気なく「笑点」を見ておりましたら、
林家木久扇師匠が見事に座布団10枚獲得!!

子どもの頃は毎週欠かさず見ていたこの番組も、
最近は見過ごすことの方が多くなっていて、
座布団10枚の場面に遭遇するなんて、
「ホントに何年ぶり?」ってくらい久しぶりです。

今週はなんかいいことがありそうだなあ♪


さて、今年で44年目という「笑点」という番組は、
もともと談志師匠を中心に先代の円楽師匠や、
今の司会の歌丸師匠らが企画したのだとか。

みなさん、20代後半から30代前半の頃。

今とはテレビ制作の手法も違ったのでしょうが、
それにしても若い力が原動力となって
現在に続く番組を立ち上げたのは間違いありません。

すえひろがりの会も半世紀くらい続くような
息の長~い活動になるといいねえ。

ねえ、 言いだしっぺでありながら、
会の中では若手のワシ&相棒後輩のお2人さん。


ところで、どんな緊張した空気でも和ませてしまう、
ゆるゆるパワーを持った「笑点」のテーマソングは、
かの中村八大先生の手によるものだそうです。

日本人への認知度や愛着度の高さから考えると、
全米ナンバー1ヒット「SUKIYAKI」と並ぶ、
八大先生の代表作と言っても過言ではありませんね。
2010-05-29

技術さん引き入れる

《これまでのあらすじ》
我々すえひろがりの会は主に5人のメンバーで、
商店街の皆さんに助けていただきながら、
年4回のペースで寄席を開催しているのですが…。


言いだしっぺのワシ&相棒コンビと技術さんは、
初心者ながら元々から落語が好きなグループ。

ところが広報お姉さんと美術さんコンビは、
まったく落語を聴いたことがなかったのでした。

この2人になんとか落語の魅力を知ってもらいたい!
だって、一緒に寄席を開く仲間なんだもん!!
そう願ってやまない落語好きグループ。

そこで寄席の当日も余裕がある時間帯を見計らって、
「中で落語を聴いてきてくださいよ」と誘ってみるのですが、

「好きな人が見てくればいいから!」と遠慮して、
頑ななまでに落語に触れようとしてくれないのです。


そんな中、昨年暮れに広報お姉さんを説得して、
談春師匠の独演会に連れ出すことに成功。

そして今月に入って、再び広報お姉さんと、
ついに美術さんが志の輔師匠の高座に!

さらに広報お姉さんは志の吉さんの独演会にも!


立川流マニアのようなラインナップではありますが、
(思えばウチの会の第1回目は獅篭さんだったし)
ここへ来て、広報お姉さんの様子が変わってきました。

「ワタシ、新作よりも古典の方がいいわ」
「もし大きな会場で寄席を開くなら談春師匠ね」

なんてセリフで喬太郎師匠を呼ぶという野望を持つ
ワシ後輩をドキドキさせたりするのです。

また一人落語に魅せられた者がウチの会に…。
というよりも第1回の寄席から1年、長かった!!



あとは美術さんだな。

志の輔らくごの感想はまだ聞いてないけど、
この勢いでいろんな高座に連れ出してやろう。

チケットの手配は頼んだよ、ワシ&相棒後輩!!
2010-05-28

技術さんと不思議なひと

最近、ようやく美術さんがこのブログを読んでるらしい。

ちっ。
読んでないこと前提で好き勝手に書いてたのに。


でも、かまわず書きます。
だって、美術さんのエピソードはいっぱいあるもの。


例えば…。
美術さんが今のアパートで一人暮らしを始めたときのこと。

周囲のみんなに「なぜの嵐」が吹き荒れました。
職場近くに実家があるのに、わざわざ不便な場所に…。
家賃だって食費だって余分にかかるだろうに。

まあ。便利さや経済的なことよりも自由を選ぶという、
男の子の気持ちもわからないでもありませんが。
30代の成年男子を男の子と呼ぶのはどうかとも思いますが。


ともあれ、仲間で引越しのお祝いをしてあげよう。
一人暮らしに足りないものもあるかもしれないし。
…って話になって広報お姉さんが希望を聞いたそうです。

「別にいいよぉ」

これは予測の範囲内の答え。
こうゆう時には美術さん、必ず遠慮をする男なのです。

しかし、そこで引き下がる広報お姉さんではありません。
大手家電量販店のチラシを持ち出して、

「何かあるでしょ!」

すると美術さん、「じゃあ・・・DVD」

DVD? プレイヤー? レコーダー?
そもそも美術さんってDVDの機械もってなかったっけ?
そうだよ! トムとジェリーのDVD全巻持ってるし。
(それも成年男子としてどうかと思うが)


さすがの広報お姉さんも美術さんの真意を量りかねていると、


「セイコちゃんの新しいDVD」


・・・・・

こうして念願のDVDを手にした美術さん。
毎晩、セイコちゃんのステキな音楽に包まれながら
一人の夜を過ごしているのだろうなあ。


なんだかなあ。
2010-05-27

単独遠征・技術さん

以前にも書いたことではありますが、
1週間単位でブログ担当をグルグル回しておりますと、
旬のネタを書きそびれてしまうことがしばしば。

でも、かまわず書きます。

それは今を去ること3週間前(笑)。
今月はじめの連休中のこと。


毎回、せと末広寄席を盛り上げてくださる
楽語の会のみなさんの噺をお客として聞きたい!!

かねてよりのこの願いをかなえるために、
ひとりで家を飛び出し、電車に飛び乗って、
やってきたのは名古屋は栄のど真ん中。

東海一の繁華街にいきなり現れる閑静な神社で、
楽語の会さんが定例で開催しているという寄席、
「やせがえるの会」の番外編が開かれるのです。

普段は60人以上の来場者で溢れるというこの会。
番外編という事であまり告知はしなかった、
なんて、言いながら会場には30人ほどのお客様。

中には前日に津島で同じく楽語の会さんが開催した
「6時間耐久落語会」に引き続き参加という方も。

演じる方も観る方もどんだけ落語が好きなんですか!


そして、この日のラインナップ。

――――――――――――――――――――――
「寄合酒」          隣乃 玄張 
「マキシム・ド・ゼンザイ」  竜宮亭無眠
「おごろもち盗人」     南遊亭栄歌 
 ~仲入り~
「代書」           道楽亭かね平 
「はてなの茶碗」      立の家猿之助
――――――――――――――――――――――


竜宮亭無眠さん、南遊亭栄歌さん、道楽亭かね平さんと、
全日本社会人落語選手権王者が3人も名前を連ねる
まさに落語のチャンピオンカーニバル!

ものすごい満腹感を味わうことができました。

この満腹感の源の一部は夢眠さんのネタ、
「マキシム・ド・ゼンザイ」のせいでもありましょう。
いやはや、胸焼けするほど楽しいお話でした。

これで木戸は500円。
ああ、他のメンバーも誘えばよかった。


今度はみんなでお邪魔いたしますです。
2010-05-26

技術さん、持つべきものは・・・

土曜日の寄席が終わって一息ついた日曜日、
伸びた髪を床屋さんでサッパリとしてもらって、
新しい気持ちで週の初めを迎えた月曜日。

20人以上もいるウチの職場のスタッフは、
誰一人として気がつかない様子。
もしくは気がついているのにスルー?

何年も同じ髪型をしているので、
今さらという感じもあるのでしょう。
まあ、いつものことです。

別に期待してた訳じゃないもん。
淋しくなんか…ないよ。


その日の夕方、広報お姉さんとバッタリ。
いきなり「髪、切りましたね!」

おお! 気がついてくれる人がいたと、
喜んでいたら、今度はワシ後輩がやってきて

「おっ、頭がサッパリしたじゃないですか」


結局、本日水曜日にいたるまで、
髪のことを話題にしてくれたのは2人だけ。

やはり「仲間」っていいよなあ。

まだ、設立一年ちょっとのウチの会だけど、
ずっと仲良くやっていきましょうね。

ね。


読んでないかもしれないけど、美術さんもね。

ね。
2010-05-25

ご隠居・技術さん

土曜日の寄席の当日に地元ケーブルテレビから
取材を受けていたワシ&相棒コンビ。

収録前の短い打ち合わせ後にトコトコやってきて、
「ちょっと聞いてもいいですか?」って何を?

「落語の魅力って何ですか?」
「この1年で商店街との関係は変わりましたか?」
「お客さんの様子に変化はありますか?」

…キミ達、ソレ記者さんに聞かれたんだろう?

頷く2人。

そんで答えられなかったんだね?

頷く2人。

小さいながら寄席の首謀者ともあろうものが、
落語の魅力が語れないとはどうゆうこった!

いいかいお前さんたちよくお聞きよ、
落語の魅力はだね…例えばこんな風に答えたらどうだい?

噺家さんが一人でいろいろな人物を演じ分けて、
作り上げる世界に惹きこまれずにはいられない…とか。

「ほほぉ~!」と感心する2人。

商店街さんとは、寄席の回数を重ねるにつれて、
様々な形で協力をいただいているって切り口がいいね。

「なるほどぉ~!」

お客様はもう常連と言えるいらっしゃって、
演者さんたちとも談笑しているお客様の姿を見ると、
寄席をやってよかったと思う…なんてね。


「さすが!」
「じゃあ、ソレそのまま答えてみます!」
「えっ~と、落語の魅力は、一人の演者さんが…」

危なっかしく復唱しながら本番に臨む2人。


「子ほめ」か! 「阿弥陀池」か!
キミ達は変な意味で「落語の申し子」か!!


ともあれ取材はなんとか無事に終わった模様。
そして昨日、ビデオに撮っておいた放送を見ました。


いきなり登場したのはワシ後輩。
寄席を始めたきっかけを説明しているけど、
この時の質問は「お客さんの変化」だったはず。

聞かれたこと以外の部分を拾ってもらったね。

次に画面に現れたのは相棒後輩。
商店街さんとの協力関係をソツなく答えていました。

うん!

いい感じの番組になってるじゃないですか。
実は聞かれた質問に答えていないってことは、
現場にいる人しか知らないことだし。

かもめさん、夢眠さん、河太朗さんの高座の様子も
バッチリ収録されていて、我々にとっては
とてもいい記録ができました。

ありがとう、グリーンシティケーブルテレビさん!
よかったら、また取材に来てくださいね!


2人の後輩・・・特にワシ後輩はそれまでに、
落語を語るための語彙を増やしておくこと。


技術先輩からの宿題だよ!
2010-05-24

盗み聞く技術さん

せと末広寄席では1年に4回開く落語会に
すべてご来場いただいたお客様に皆勤賞と称して
記念品を贈呈するという企画を行っていますが、

第2回から高座をお願いしている楽語の会さんにも、
お一人皆勤賞の方がいらっしゃるのです。

それが、川の家河太朗さんです。


思い起こせば一昨年。

ワシ&相棒コンビが落語初心者という身の上も顧みず、
楽語の会さんにご出演をお願いしたときのこと。
各地で引っ張りだこのお忙しいメンバーの皆さんの中で
口火を切って「参加しましょう」と言って下さったのが、
河太朗さんだったのだそうです。


言ってみれば「すえひろがりの会の父」。

お父さんにしたいアマチュア落語家ナンバー1です。
(スミマセン。ワタシは何を言ってるんでしょう?)


ワシ後輩もブログに書いておりましたが、
我々スタッフは残念ながら出演のみなさんの噺を
聞くことができないのが現実。

でも、今回は河太朗さんがトリということで、
すぐ後に行う富くじ大会の準備をしながら
舞台袖という名の「隣の空き地」で耳をそばだてて
河太朗さんの噺を聞いておりました。

演目は「一文笛」。

主人公のスリの男が、貧しい子どものために、
よかれと思ってしたことが引き起こしてしまった、
思いもよらない悲劇を兄貴分から聞かされる場面。

そしてコトの責任を取るために男がとった行動。

その間、寄席を埋めてくださったお客さんの間に
ピーンとした緊張感が張り詰めている様子が、
「隣の空き地」にも十分に伝わってきて、
胸をギュッと掴まれるような気持ちになりました。

河太朗さん演じるスリの男の必死なあがきに、
「真実味」があるからこそ、ホロリとさせられる
この名作人情噺は「命」を持って輝きを放つのですね。


なんて偉そうな事を書いてしまいましたが。

楽語の会の中でも持ちネタの数はトップクラスという
河太朗さんが、次回はどんな噺を聞かせてくださるのか、
今からとても楽しみな技術さんであります。

(いや、スタッフは聴けないんですけどね)
2010-05-23

第5回せと末広寄席レポート 其の四(おまけ)

其の参の続き

ココからはちょっと恥ずかしいので「おまけ」ってことで。

ワシと相棒がテレビに出ます。
こんな感じで仲良く取材されました。

s-19取材されちゃったり
わはは。


放映日は明日! あさって!
ワシら、出ますよ。うしし。

■5月24日(月)
「よるグリ」
放送時間:18:40~/19:40~/21:40~/23:40~

■5月25日(火)
「あさグリ」
放送時間:7:20~/7:40~/8:30~/8:50~

http://www.gctv.co.jp/community/

相棒が全部上手にしゃべってくれた。
ワシ、本当にしどろもどろ。
聞かれたことに答えられていません。
質問と答えがあっていません。
技術さんにだめ出しされました。

しどろもどろなワシ、かっこよく答える相棒。
それが見どころです。はい。


そして最後は(も?)宣伝です。

s-17手ぬぐい販売
そう、地元中日新聞で話題沸騰(?)の手ぬぐい販売です。


せと末広亭の向いの本屋さん
「春広堂(しゅんこうどう)」

さんに置いていただけることになりました。

s-18春広堂書店さん
ココです。

限定の桐箱入りは瞬時に完売いたしました(ありがとうございます、すいません)が、
まだまだありますので、
ご進物に、プレゼントに、蒸し器の布に、パッチワークに、お風呂に、おしめに、

何でも使えます。
ぜひお求めください。



というわけで、第5回のレポートを終わります。

ワシ


あ、実はこの5回目。
昨年度までの4回はモリコロ基金を頂いていました。
なので、この5回目は新たなスタートだったわけで。

みなさまのお陰でよいスタートが切れました。
今後とも、末広亭ですえひろがりの会を、
せと末広寄席を

どうぞよろしくお願いいたします。



2010-05-23

第5回せと末広寄席レポート 其の参

其の弐の続き

というわけで、恒例の富くじ大会へ。
三人の演者さんに再度ご登壇願う。

s-11富くじ大会
「楽語の会」の法被が素敵ですかもめさん。

今回は「富くじマシン」を作成してみた。
s-12富くじマシン
ど?


コレを演者さんに引っ張ってもらうのだ。
駄菓子屋さんでよくあった、「ヒモ飴」の要領ね。ね。

s-13富くじマシン相棒活躍
で、相棒が大活躍するわけです。


s-14当たった皆さん
当たった皆さんの札。
楽しんでいただけましたか?

s-15次回ご予約ありがとうございます
最後は演者さんがお見送りしていただきました。
次回の予約をしてくださった方が、なんと! 20名!
コレで、次回の予約は32名になりました。

残席、残りわずか!


s-16ネタ帳
ワシらご自慢のネタ帳に新たな一ページが加わりました。


みなさん、ありがとうございました。


其の四へ続く

まだ続くのかい!!





2010-05-23

第5回せと末広寄席レポート 其の弐

其の壱の続き


さてさて、今回も大入り満員になりました。
本当に感謝です。


なんと! 46名も入っていただきました。
窮屈ですみません。。。

そんな熱気ムンムンで始まったせと末広寄席。
ワシのつたない前説で始まりましたよ。


まずは若井家かもめさん

s-06かもめさん
『義理ギリ コミュニケーション』
お客さんの笑いが外までばっちり聞こえる。

実は、、、

ワシら全員、誰もお三方の落語を聞いていない。
というのも、入れないのだ。
お客さんがたくさん入っていただいているので嬉しいんだけど、
でも本当は結構残念。
ワシら落語大好きだから・・・。

というわけで、感想が書けないのだ。
当日、ご覧になった方、ドンドン書き込みをお願いいたします。


s-07取材も入ります
地元ケーブルテレビの取材も入る。


次は竜宮亭無眠さん
s-08むーみんさん
外で聞いていてもお客さんの心をがっちりつかんでいる様子がわかる。
ううう、聞きたい。

『ちりとてちん』

最後は川の家河太朗さん
s-09がたろさん1

大熱演の様子なのでちょっと覗いて撮影。
s-10がたろさん2
おおお! 素敵だ。

『一文笛』

其の参へ続く



2010-05-23

第5回せと末広寄席レポート 其の壱

みなさま、ありがとうございます。
盛況のうちに終了することができた「第5回せと末広寄席」。
レポートしていきたいと思います。

ワシらの寄席もおかげさまで5回目。
1回目は前の日から入念な準備作業で、当日もバタバタと準備をしていた。
でも、五回目ともなると、当日の午前中で準備ができるように。

見よ! この余裕。

s-01準備万端談笑中
4人が談笑していて寂しかったので、ワシ、自分を入れて記念撮影。

商店街の皆さんも、物心両面から手厚いフォローをしてくださっています。
せと末広商店街の皆さん、ありがとうございます。
演者さん用のテント張りなども本当に助かります。


さて、技術さんと美術さんの実力をご披露させてください。
ワシ、感動したので。

前日に「アレやってほしい、コレやってほしい!」と無理難題をメール(直接しないで失礼しました)したワシ。
技術さんには「手ぬぐい宣伝する紙を」、美術さんには「なんかイロイロ必要と思うこと」をリクエストしました。
その結果がコレ


s-03次回フライヤー
美術さんが作ってくれた次回のフライヤー(宣伝の紙)。
なんだかライブハウスみたい!!

s-02次回フライヤー
裏面は手ぬぐい柄だっ!

s-04手ぬぐい看板
技術さんが作ってくれた新聞記事をパウチした手ぬぐい宣伝ツール。
おおおおお。想像以上!!

s-05陳列
早速、陳列。

というわけで、すごいでしょ?


其の弐へ続く。
(ちっとも本題に近づきません)




2010-05-22

せと末広寄席放映日のお知らせ

みなさま、今日は本当にありがとうございました。
大入り満員! 本当にありがとうございます。
詳細は、明日アップさせていただきます。


本日、地元ケーブルテレビ、グリーンシティケーブルテレビに取材していただきました。
ぜひ、ご覧ください。

http://www.gctv.co.jp/community/

■5月24日(月)
「よるグリ」
放送時間:18:40~/19:40~/21:40~/23:40~

■5月25日(火)
「あさグリ」
放送時間:7:20~/7:40~/8:30~/8:50~


まずはお知らせまでです。

お客様、演者さん本当にありがとうございました。



2010-05-21

明日はせと末広寄席

とうとう明日になりました、せと末広寄席。
商店街のみなさんのご協力をいただきながら準備。

楽しみにしててくださいねっ。
明日は2時からです。
みなさん、少し早めに来て末広商店街をぶらぶらしてみてください。
楽しいですよ。

2010-05-20

取材!

とうとう、あさって!
末広亭ですえひろがりの会プレゼンッツ!
第5回せと末広寄席。

なんと! 

地元ケーブルテレビに取材していただけるようです。
ありがとうございます。

おおお、気分も盛り上がってきました。

よろしくお願いいたします。
ご予約いただいたみなさま、明日お電話連絡いたします。
ワシからの電話が行きますよー。


2010-05-19

メンバーに感謝

内輪ネタで申し訳ないです。
ウチのメンバーは精鋭ぞろい(親バカ?)。

技術さん、
広報姉さん、
美術さん、
そして相棒。

ワシ、一番ふがいなくて能力がないのです。
ともかく、「あーしたい」「こーがいい」と言っているだけ。
うーん・・・。

今回、メンバーみんな環境が変わったばっかなのに、ホントすごい。
ワシ、ひとりバタバタ。
面と向かって言うのは恥ずかしいので、こんなところで感謝の気持ちを。


と、いうわけで、とうとう今週の土曜日。
今年度一発目の落語会です。

竜宮亭無眠さん、若井家かもめさん、そして! 川の家河太朗さんがいらっしゃいます。
お楽しみに!

ってワシらが一番楽しみにしています。

2010-05-18

満員御礼

さて、今週末に迫った「第5回せと末広寄席」
おかげさまで満員御礼の運びとなりました。

皆様によろこんでいただけるように趣向を凝らそうと思ってます。
お楽しみに!!!

2010-05-17

志の吉独演会

行ってきました第6回立川志の吉独演会。
チケットには第7回、プログラムには第6回とある、6回だか7回だかの独演会。

そういうの、好き。


さて、不運続きで久々の落語会となった。
おこぼれ広報姉さんと一緒に落語会。

まずは、腹ごしらえ。
セレブな姉さんは御用達の三越で待ち合わせ。

まずは、はらごしらえ。

s-おやつ
たいやきだぁ。
二個食べようとして「太る! ダメ!」と叱られ泣く泣く一個に。
その後は、聖子ちゃん好きの姉さんにつき合わされ「赤いスイートピー」の造花を探す。
たくさんのお店を巡ったが見つからず。

・・・ネットで探せばいいのに、姉さん。
とは言えず、お付き合い。

結局見つからず会場へ。
もう、ドキドキ。
楽しみだなぁ。

寄席文字仲間のひるっちょさんと3人で今日のゲスト!
わららが右太治師匠を表敬訪問。
志の吉さんと幸福さんにもご挨拶させていただけるというシアワセなことになってしまった。

始まった落語会。

s-開演前
ワクワク。

まずは幸福さんの開口一番。
幸福さんの落語の中でする講釈(?)とかが、リズムが良くて好き。
いつか末広寄席に上がってくださーい。

雷門幸福 「孝行糖」


次は志の吉さん。
立川志の吉「看板のピン」
なんとも発声がよくって効きやすい。溌剌としてテンポがいい。
なんていうんだろ、「面白み」があるっていうか・・・。

もう、一気に大ファンになりました。

次は、師匠の出番。
寄席文字の世界を手元をスクリーンに映しながら。
みんな師匠の字の美しさとお人柄にぐいぐい引き込まれていく。

うちの広報姉さんなんか一気に師匠ファン。
イベント企画大好き姉さんの頭の中には、この刺激でなにやら末広寄席の企画ができたようです。

その後は抽選会。
大じゃんけん大会で最後の決勝じゃんけんまで残ってしまったワシ(笑)
さすがに負けましたが。

最後は「竹の水仙」。
これまた良い。

志の吉さん、ずっと応援することに決めました!

s-番組表



その後は姉さんと食事。
s-韓国料理
韓国料理を堪能して帰路へ。

久々の落語会は大満足だった。
先週は、悲惨だった。
木曜日の志の輔師匠行けず、金曜日は寄席文字のお教室行けず、土曜日は大阪へ行けず。
そんな不運を全て吹っ飛ばしてお釣りがきた。

ありがとうございました。
師匠、オツカレサマでした。



『第7回(だか6回)立川志の吉独演会』
平成22年5月16(日) 午後4時30分
愛知県芸術劇場大リハーサル室

雷門幸福 「孝行糖」
立川志の吉「看板のピン」
橘右太治 寄席文字の世界
お楽しみ抽選会
~お仲入り~
立川志の吉「竹の水仙」
2010-05-16

なかなか

わたくしの相棒がアンテナを高く立て、
色々と落語のチケットをとってくれる♪
しかし最近
なかなか・・・
お互いに、
お互いの理由で、
思い通り行けない(涙)
先日(木曜日)は、
相棒が断念。
そして今日は、
わたくしが断念。

そして、
そのかわりに落語週間になったのが
広報姉さん♪
静養のために空けてあった日曜日を
落語に出かけてくれることになった。
だって、
今日は、
われらが師匠!
橘右太治師匠が出演するんだもの♪

姉さん、楽しんでますかぁ??

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-05-15

急に今日がフリーの日だと分かり
天気も良さそうなので
出かけてみた♪

kai

お出かけ先は
こんな感じ(笑)

そして今日の夕ご飯の一品となった♪
明日の分もあるよ♪

nagame
明日の分

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-05-14

志の輔らくご♪

行って参りました。
いつものようにギリギリに到着ですが、
間に合いました♪

前座さん誰かしら・・・?
と名前が分からないまま(めくりも無いし)
「しろ!」
犬が人間になる噺を楽しみ、

次は二つ目さんが登場。
何故か妙な空気のまま
「イチ、ニノ、サンシロー!」と
拳をあげる破目になる始末(苦笑)
軽い下ネタで一気にしゃべりあげる感じが
とても独特な(?)
二つ目になったばかりの立川三四楼さんでした。
名古屋市出身ということで
志の輔師匠に誘われてやって来たそうで・・・
次回は、東京で名前が売れてから、凱旋帰名古屋
だそうです(笑)

志の輔師匠は・・・
やはり大きなオーラで登場。
現在、諸々の理由により、ご自身の中で分裂をおこしているそうで、
期間限定の「まとまらない志の輔」を楽しむことができた。

一本目は新作。
小さな自治会でのあるあるネタ(新作)を、なんとも軽快に話しあげた♪
仲入りをはさみ、
二本目は古典。
紺屋職人のきゅうさん!
志の輔師匠の「紺屋高尾」!
聴きながら、どっかで聴いたけど、どこだっけ??と
気持ち悪いまま家路についた。
そうそう、
わたくしの相棒がくれたCDだ(笑)
わたくしの相棒、なぜか「紺屋高尾」が好きなのだ。
なぜ?
こんな恋愛噺?(いやいや人情噺か?)

広報姉さんも美術兄さんも
まずまず楽しんだ様子♪
いい感じだ!
でも、感想やら聞く間もなく、
わたくしは、いつもの様にダッシュで帰宅したのだった(涙)

bangumi
美術兄さん撮影☆

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-05-13

右太治師匠・・・

本日は、志の輔らくご。
昨日、特急便(?)でチケットが届けられた。
一緒に「立川志の吉」さんのチケットも入っている。
そうなのだ。
立川志の吉独演会の特別ゲストが・・・
われらの師匠!(みんなの師匠!)
橘右太治師匠なのだ!

寄席文字教室に行けなくなって・・・
師匠にも会えなくなって・・・
悲しい・・・
だから絶対行く!!って
チケットを取ってもらっていたのだが・・・
コレ↓
sinokiti

今度の日曜だったかぁぁぁ!!
ベビーシッターさんの予定を押さえてなかったよぉおぉ。

という訳で
残念ながら、その日はアウト。

師匠、晴れの姿を拝見できず、残念です(涙)

誰か行きませんか??


theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-05-12

明日

明日は!
「志の輔らくご vol.24」
志の輔師匠が出演するチケットは
大人気でなかなか手に入らないプレミアもの。
が、
わたくしの相棒(ワシさん)が
お知り合い(?)に譲ってもらったと言うではないか!?
わが子のベビーシッターの予定を確保し、
行きまぁす!と返事をしたのがついこの間。
もう明日になってしまった。

そして昨日悲しい知らせ。
相棒が行けなくなったらしい。
志の輔師匠とはあまり縁がないようだ。
残念ではあるが、ピンチヒッター登場である。
広報姉さん!
「ためしてガッテンの人でしょ?」って
落語にさほど興味がないが、
人物については珍しくバッチリご存知の様子。
楽しみである。
そしてもう一人一緒に行くのが・・・
なんと!
美術兄さん!!
初めての落語会かしら?
これまた楽しみである。

まあよいよい。
ビックリのメンバーを引っさげて
いざ、志の輔らくごへGO!!

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-05-11

窯めぐり

瀬戸は言わずと知れた「やきもののまち」
やきもの作りの現場である「窯」を直接見て、
作り手ややきものに直接触れてもらおう!
と企画されたのが「窯めぐり」
やきものの作り手が集中している『赤津』という地区で
始めたのがきっかけとなり『品野』や『水野』でも
開催されるようになった。
8、9日は窯めぐりの日♪
いつものように広報姉さんに誘われて
『赤津』へ行ってきた。
赤津焼は瀬戸で2つある伝統工芸品の1つ。
一緒に行った少し若手に
「赤津7釉は言える?」
 ※釉(ゆう):やきものの表面にかける薬である釉薬(ゆうやく)のこと。
        特徴的な7つの釉薬が赤津焼の特徴でもあるのだ!
なぁんて先輩面してみたが・・・
はて?なんだかスラスラ出てこない。
年をとったものだ(涙)

ま、気を取り直して、
普段使い用にちょっと高級なB品をゲット!
yaki
織部、黄瀬戸の銘銘皿に古瀬戸の皿

天気も良く、めぐり日和となったが、
めぐる時間より、食し、話す時間の方が
断然長かったのは言うまでもない・・・

ちなみに、
7釉は・・・
織部(おりべ)
黄瀬戸(きせと)
灰釉(かいゆう)
御深井(おふけ)
鉄釉(てつ)
志野(しの)
古瀬戸(こせと)

もう1つの伝統工芸品は・・・
瀬戸染付焼

興味のある方は色々調べてみてくださいね♪

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-05-10

母の日

マッチョ・・・
わたくしにマッチョネタは無理。
わが家の近くに「焼肉まっちょ」って店があったくらい(笑)
しかも知らないうちに違う店になってたし。

という訳で
美しき母の日ネタ♪

わたくし、昨年母となり・・・
昨日初めて、わたくしが母である「母の日」!
とは言え、0歳児であるわが子から
何か貰えるようになるのはいつのことやら・・・

まあ、いつもの様に、わたくしの母に、
菓子やら花やらを買って届けた。

夕食を済ませると
なにやらゴソゴソと・・・
「お母さん、いつもありがとう!」

kasi hana

菓子と花束がセットになった素晴らしい贈り物!
きゃあ!
0歳児のわが子に頼まれて買ってきたというから
なんとも嬉しいではないか。
わが家のメンズ達よ、
ありがとう♪

初めての嬉しい「母の日」となりました☆

theme : 活動こぼれ噺
genre : お笑い

2010-05-09

行ってきました女子プロレス

行ってきました女子プロレス。

せっせと巻いた紙テープの出番だ。
LLPW名古屋大会 vol1
『Dr.浅井プレゼンツ LLPW名古屋大会 vol1熱き闘いの女神たちがあなたの心にAED』
Dr味岡によるLet’s study AED

2010050817250000.jpg


ワクワクドキドキ。Zepp Nagoyaで770名の大入り満員。

2010050819220000.jpg

結果は・・・

■第1試合

×広田さくら(フリー)VSアイガー(LLPW)○
(11分3秒 呪橋)

尾張旭市出身の広田選手、お母様も一緒に母の日をお祝い。「らしい」ファイト。

■第2試合
○堀田 祐美子(フリー)VS森居 知子(伊藤道場)×
(9分12秒 ショウテイ→体固め)

25周年を迎えた「暴走」堀田選手。久々に見ましたがカッコイイ。

■第3試合
×ミラVS盛淋○
(6分38秒 ラリアート→体固め)

LLPWならではの「おかま」対決。
盛淋選手のTバックに会場大爆笑。

■特別試合
○Dr浅井、マッチョマンVSメタボブラザース×

名鉄瀬戸線小幡駅近くの「浅井医院」の浅井先生。
先生は「メディカルプロレス」を通じて慰問やAEDの普及に尽力されているよう。
その浅井先生がプロレスの最中に心肺停止になり、公立陶生病院の味岡副院長がAEDを使い、蘇生し、浅井先生がプロレスで勝利する、というわけ。
浅井先生の頑張りに会場の興奮は最高潮。味岡先生もいい味を出されていて面白かった。

新しいイメージ

試合の後、リングの上で今回の大会の趣旨を神取選手が尾崎魔弓選手と次のように話した。
『女子プロレスを通じて「AED普及の輪を広げるたい」。
近年、街にはたくさんのAEDが設置されているが、それを使いこなせる人が多くない。
リングの上の不慮の事故で仲間を失った私たちが、プロレスを通じて命の大切さ、命を助け合うことを伝えたい。』
その心意気に賛同した病院の先生方が大会に協賛しAEDの使い方を講習してくれたのがこの大会。
すごいな、自分の身の丈の社会貢献。

■第4試合
○神取 忍 (LLPW)・ハーレー斉藤(LLPW)
VS
ジャガー横田(フリー)・小林 華子(伊藤道場)×
(10分33秒 スリーパーホールド)

10年ぶりに見た神取選手のファイト。国会議員! 強いぞ。

■セミ
○加藤 園子(OZアカデミー)VS佐藤 綾子(伊藤道場)×
(14分44秒 クローンズゲート→片海老エビ固め)

春日井市出身加藤選手。ワシらも紙テープを投げての大応援。
いやはや、いい試合だった。佐藤選手を初めてみたんだけど、とってもいい粘りで会場を盛り上げる盛り上げる。
かなり楽しみな選手。加藤選手の少しヒールっぽい試合運びも新鮮だった。

■ファイナル
○井上 貴子(LLPW)・豊田 真奈美(フリー)
VS
伊藤 薫(伊藤道場)・下田 美馬(フリー)×
(16分4秒 ディスティンーハンマー→体固め)

いやぁ、昭和のレスラーは強い!大きい!楽しい!
豊田選手の戦いはいつも見惚れます。下田選手も昔よく見てたのでうれしかった。
ピンクのコスチューム、相変わらずよくお似合いでした。


自分のできる社会貢献。
プロレスラーはプロレスラーとして。
医師は医師として。
そういう、心意気、ほんと粋です。

すごくいい興業でした。


今回のプロレス、なんと瀬戸で活躍されている「株式会社心想」さんも協賛されていた。
何度か行ったことがある「居酒屋心想」も経営されている。
以下がHP。居酒屋心想、おいしいので皆様どうぞ。パルティせとすぐ近くです。
http://www.sinsin-japan.com/izakaya.html

メディカルプロレスラー浅井先生の浅井医院さん関連HPです。
http://sinsin-japan.com/hospital.html

協賛の「心想」さん社長ブログ
http://ameblo.jp/yasuhiro02262000/entry-10529992059.html
2010-05-08

プロレス大興奮

大興奮でした。
いやいや、現在も大宴会中(笑)

詳細は明日!


技術さんの予言どおりです。
2010-05-07

週末

金曜日。
先々週、行けなかった寄席文字教室。
今日じゃん!!! と焦ってみたが、連休を挟んだので、
「もしや」と思い、寄席文字仲間のひるっちょさんにメールをしてみる。
案の定、今日はお休み。

良かった・・・。

というわけで溜まった仕事を片付け、無事におうちに。
明日はお楽しみのプロレス

楽しみだぁ。

2010-05-06

送別会2

マッチョブログと化してきた炎の4発目。


先日のマッチョ送別会から2日間を置いて別の送別会へ。
古川に帰る友人とワシ、そして生ける伝説M先生の三人で送別会。

名古屋のとある寿司屋で開かれた。
生ける伝説M先生は、ワシの恩師。
ワシもやっていた競技で世界第二位となったのだ。
先生を超尊敬し、敬愛しているワシ。

寿司屋で3人で人生について語る。
ちょっとお酒の入った先生は過去の数々の伝説を語ってくれた。
先生のすごいところはそれが自慢げに聞こえないところ。
そして、紳士で見た目もカッコイイ。
御年65歳であるが、色気も抜群。
英雄なんとやらを好むである。

で、先生、トレーニング理論をまとめたペーパーを持参してくださった。
「これから、これを元にワシちゃんももう一度頑張ろう」といってくださる。
涙涙のワシ。

新しいトレーニングを考えた、といって店の外に連れ出されるワシら。
ずっと気にはなっていたが、先生何か長い包み紙を持っている。

「コレ」といって差し出されたブツ。

s-棒
・・・棒?


「肩と大腿筋を鍛える、いい運動なんだ」
といって、居合い切りのようなトレーニングを実演。
「さ、やってみよう!」


・・・先生、ここ街の真ん中です。


と心の中でつぶやき、往来で木の棒を振り下ろすワシ。
思いのほか肩周り、ももの筋肉、手首に負荷がかかる。
だんだん楽しくなってきて夢中で木を振り下ろすワシと古川に帰る友人。

そうなのだ、ワシ最近肘の周りの筋肉と肩周りの筋肉が目に見えて落ちてきた。
いかんなぁ、と思っていた矢先。
先生、ありがとうございます。

この木蓮の棒。
先生の性格がよく出ていて、丹念に削ってあって、丁寧に面取りもしてある。
先生が時間をかけて作ってくれた棒。
ワシ、大事にします。

もっといろんなこと頑張ります。
M先生、ありがとうございます。



でも、ここ往来です・・・。

2010-05-05

DVD鑑賞

ワシ、DVDを鑑賞。

s-レスラー
そう、「レスラー」だ。
ココのところマッチョづいているが・・・。

かの、ミッキーロークの主演作。
アカデミー賞主演男優賞・助演女優賞ノミネート
ゴールデン・グローブ賞2部門主演男優賞・主題歌賞受賞
ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞
トロント映画批評家協会賞主演男優賞受賞
ボストン映画批評家協会賞主演男優賞受賞
英国アカデミー賞主演男優賞受賞
ロンドン映画批評家協会賞作品賞・主演男優賞受賞
インディペンデント・スピリット賞作品賞・主演男優賞・撮影賞受賞
ほか全世界映画賞54冠!

という、名作。
ワシ、プロレスが大好きなんだけど、実はちょっと敬遠していた。
だって、切ないに決まってるんだもん。

鑑賞。
やっぱり切なかった。
“ザ・ラム”ことランディがせつなすぎてブキヨウで。
ランディに感情移入しすぎてくったくたになってしまった。

これ、オススメ。
ぜひどうぞ。
「レスラー」公式HP



プロレスつながりではもう一本。

s-ガイアガールズ
「ガイアガールズ」


日本の女子プロレス団体GAEA JAPANで、明日のスターを夢見てデビューを目指す練習生竹内彩夏と、
それを取り巻く選手たちとの交流、育成者としての長与千種の生き様を描いている。
イギリス人監督のキムロンジノットの作品。

第36回シカゴ国際映画祭優秀ドキュメンタリー賞を受賞
ベルリン国際映画祭や山形国際ドキュメンタリー映画祭にも出品された。

ワシ、このDVDを持っているのだが、
主人公のひとりの里村明衣子選手と加藤園子選手にサインをしてもらった自慢の一品。
鑑賞したい方、ぜひお声掛けください。
プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。