FC2ブログ
2012-07-25

アンドロイド

といっても、携帯のことではない。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/120723/scn12072318040006-n1.htm

落語家で人間国宝、桂米朝さん(86)そっくりの人間型ロボット「米朝アンドロイド」が23日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼで報道陣にお披露目された。存命中の人間国宝のロボットを制作するという大胆な試みで、あまりの精巧な出来映えに、同席した米朝さんも「(顔の)部分部分はよう似てる。でも、やっぱり嫌やなあ」と照れていた。

 米朝アンドロイドの制作は、同ホールを運営するブリーゼアーツなどが「上方伝統文化の落語を、米朝さんと未来型ロボットを融合させて後世に残したい」と企画。アンドロイド開発の第一人者で大阪大学の石黒浩教授(48)と、米映画「ハリー・ポッター」などの造形物制作で知られる特殊メークアーティストの遠藤慎也氏(29)=神戸市在住=が2月から取り組んだ。制作費は約8000万円。

 表面は特殊シリコンでできており、米朝さんが過去に演じた「看板の一(ぴん)」と「たけのこ裁判・小咄」の音声に合わせ、内蔵された機械を通じて唇やほおが動き、まばたきもするほか、肩や腕も動く。

 この日は「たけのこ裁判-」の一部が披露されたが、あまりの精巧さに報道陣からため息がもれた。石黒教授は「動作に若干の調整が必要だが、完成度はかなり高い」と説明。

 米朝さんの長男、桂米團治さん(53)は「当初は米朝も『そんなアホな』と言っていましたが、ロボット業界の大きな可能性を秘めた事業になると聞いています。関係の皆さんに感謝したい」と話していた。

 米朝アンドロイドは8月1日から大阪市北区のブリーゼプラザで行われる「米寿記念桂米朝展」で一般公開される。


===========================================

なぜ、なぜ米朝師匠なのか。そして、なぜ落語なのか。
と、不思議なこのニュース。
上方の伝統と最新の技術のコラボレートとのこと。
みたいような見たくないような。

ワシ、本物の米朝師匠が見てみたいなぁ。




ちなみにこのニュース。
産経新聞から引用したが、カテゴリが「携帯電話・スマートフォン」となっている。
間違ってるよ、絶対。
スポンサーサイト



プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking