FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-30

一過

いやはや台風でございました。

午後から急に強くなりだした風雨は、
思いのほか早く通り過ぎて行き、

野分の後の澄んだ夜空には、
中秋の名月が浮かんでおります。


子どもと出かけようと思っていた
招き猫まつりは泣く泣く断念。

いくつかのイベントが中止になったそうで、
楽しみにしてこられたみなさんには、
本当に残念なこととなりました。

お客様の安全に確保しながら、
台風対応に奔走されたスタッフの皆様、
本当にお疲れ様でした。

また、来年。

楽しみにしております。
スポンサーサイト
2012-09-29

~人抜き

招き猫まつりの紹介をしておきながら、
肝心の「来る福」当日の今日は、
子どもの小学校の運動会に行っておりました。

騎馬戦や組み体操など、
御なじみの出し物とはいいながら、
やはり、子どもだちの真剣さには、
心打たれるものがありますね。

特に盛り上がったのは最終競技の、
全学年の男女の代表6チームが競い合う、
紅白対抗リレーでありました。

何が面白いって、

学年の代表が出場しているとは言え、
そこは小学生ですから同じ年齢でも、
体格や体力には差が出てしまうわけでして、

大きく離されていたチームの中に
本当に小学生かよ! という体格の子がいたりして、
化け物みたいなスピードで走り出して、
最下位から一気のごぼう抜きでトップに迫る!!

なんて、スリリングな展開が続くのです。
いや、手に汗握りましたね。


落語の世界ではよく○○人抜きで真打昇進!
なんてことがニュースになりますね。

今年は春風亭一之輔師匠が21人抜き、
古今亭菊六(同02年)は28人抜きで
それぞれ異例の抜擢を受けて話題になりました。

やはり、ごぼう抜きの小学生ランナーのように、
化け物みたいな噺家さんなんでしょうか。


高座で確認したいものですね。


ちなみにウチの5年生男子(落語好き)は、
サッカー部員のクセに親譲りの鈍足で、
幼稚園年少さん時代から続く徒競走最下位記録を、
今年も更新してしまいました。

来年は小学校生活最後の運動会であります。
徒競走5人抜きでトップとまでは言いませんから、
何とか精進して、一人でも抜いてほしいと願う、
ささやかな親の願いであります。
2012-09-28

第17回 来る福招き猫まつりin瀬戸

今年の来る福招き猫まつりは、
何年かぶりに9月29日に開催されますね。

というもの、このイベントの開催日は
9(来る)と29(福)の語呂合わせが
そもそもの由来となっておりまして、

開始当初は現在のように土日開催ではなく、
9月29日に開催されていたものです。

はじめは同じ月のせともの祭の直後でもあり、
こじんまりと感じるイベントでしたが、
回を追うごとに盛大になっていき、

いまや、招き猫愛好家だけでなく、
広く、猫好きの方の一大イベントに成長しました。

会期中は多様な猫に合う事ができるのはもちろん、
招き猫メイクや100人展の投票、
スタンプラリーと来場者が主体的に参加できるのが魅力。

今年も様々なイベントが用意されています。

台風が接近しており、天候が心配ではありますが、
皆様、天気予報をチェックしつつ、ぜひご来場を!!


来る福招き猫まつり2012イベント情報
2012-09-27

のぶみさん

いやはや 泣きましたね。
今週発売の少年マガジン。


絵本作家のぶみさんが
東日本大震災直後の被災地を訪れ、
経験したことを描いた「会いにいくよ」。

絶望的な被災地の惨状から
無力感に苛まれて終わった前回から
ほんの少しだけ光が見える展開。

そのほんの少しの光が、
丁寧な被災地の描写の中で、
まばゆく輝いて見えるようでした。

次回は12月掲載だそうです。


さて、そんなのぶみさんがデザインした
瀬戸のおもてなし看板娘「せとちゃん」が
今年も「ゆるきゃらグランプリ」に参戦中です。

ゆるきゃらグランプリ2012

現在、全国40位代までランクアップ!
皆様もぜひ、せとちゃんに投票を!

期間中は毎日1回ずつ投票できます!


また、生みの親ののぶみさんは、
今年も10月に開催される、
せと・あとりえ参道」に来てくださいますよ。

ご家族連れ、お子様連れでぜひ!
2012-09-26

小遊三師匠のオハコですって。

引き続き相撲の話題からすみません。
だって、大好きなんですもの、お相撲。

相撲を題材にした落語は数あるようですが、
自分は『龍田川(千早振る)』が真っ先に浮かびます。

「つる」や「薬缶」にも通じる、
ご隠居さんのハチャメチャ知ったかぶり噺。

在原業平の美しい和歌が、
トンでもないことになる様子が楽しいです。

なんてことを言いながら、この噺。

誰かの高座で見たことがあるわけでなくて、
漫画「美味しんぼ」で読んだだけなんですが。
噺の中のご隠居にも負けない知ったかぶりですね。

でも、ネットで調べてみたら、
同じように「美味しんぼ」でしかしらない、
という方が多いのでホッとした次第。


知ったかぶりついでにさらに調べてみたら、
この噺は初代の桂文治師匠の作といわれているのだとか。
文治の名跡は、今月、大須演芸場で拝見したばかりの、
桂平治師匠が、10代目を襲名されましたね。

角界も落語界も御目出度いことで何より。


しかし、

『龍田川(千早振る)』を知ったのは、
もう20年以上も前のような気がするのですが、
「美味しんぼ」は、まだ連載中なんですねえ。

海原雄山と和解してからも10年以上経ってるはず。
今はどうやって話を続けているのでしょう?


いやはや、「長命」だねえ。
2012-09-25

日下開山

昨日の日馬富士関の話題の書きながら、
いろいろと資料をあたっていて、

「アレ?」っと思ったことがひとつ。


三重ノ海関って不知火型じゃなかったんだ。
史上二位タイの短命横綱ですから、
ずっと土俵入りは不知火型たと思ってました。

三重ノ海関はその名の通り三重県出身。
三重県出身の横綱は史上2人のみ。
もう一人はあの北尾(呼び捨て)であります。

う~む、こうなると土俵入り関係なく、
三重県出身の横綱は短命ってことになってしまう。

北尾め。

とはいえ我が愛知県も横綱は二人だけ。
大正時代の横綱大錦関の在位は10場所。
不幸にも夭逝した玉の海関も同じく10場所。

岐阜県出身の横綱は一人もいません。

がんばれ、東海地方の力士!

まあ、今は地域関係なく頑張れ日本の力士、
なんてゆう角界の状況ではありますが。


さて、話を戻して三重ノ海関。

引退したのちは武蔵川部屋を起こし、
横綱武蔵丸をはじめとして数多くの力士を育て上げ、
相撲協会の理事長にまでなった方であります。

そんな武蔵川親方の弟子のひとりに、
三遊亭歌武蔵師匠(岐阜県出身・笑)がいます。
当時のしこ名は「森武蔵」。

ケガで元で力士生活は短命に終わった「森武蔵」が、
いつも熱心に落語を聴いている様子を見ていた武蔵川親方、
落語の師匠連に「ウチの弟子が訪ねるかもしれません」と
連絡を入れていたのだそうであります。

はたして弟子入りの申し出を受けた三遊亭円歌師匠から、
「来たよ、返そうか?」と連絡を受けた武蔵川親方、

「相撲界には私が連れてきたが今度は彼が自分で師匠を探した。
 差し支えなければ弟子にしてやって下さい。」

と答えたそうな。


たった今、ウイキペディアで知ったちょっといい話でした。




2012-09-24

祝 昇進!

大関日馬富士関が二場所連続全焼優勝で
見事に横綱昇進を決めましたね。

一人横綱として角界を支えてきた
白鵬関には敬意を抱いておりますけれど、
やはり横綱は東西にいてくれないと!

日馬富士関の横綱土俵入りは
白鵬関と同じ不知火型になるとのこと。

短命で終わることが多いと、
敬遠されることもあった不知火型。

玉の海関、琴桜関、北尾(呼び捨て)、
旭富士関、若乃花関と実際に短命横綱続き。

白鵬関がようやくそのジンクスを破り、
日馬富士関も最近の土俵の充実ぶりを見る限り、
短命に終わることはなさそうです。

不知火型の二人横綱は史上初とのこと。
時代は変わりつつあるようですね。


しかし、どうして不知火型の横綱は
短命が続いたのでしょうねえ?

「ちゃんこの時だ。鍋をはさんで差し向かい、
 ふんどし担ぎが横綱にご飯なんかを渡そうとして、
 手と、手が、触れる。稽古でジャガイモみたいに
 ゴツゴツした指が並んだふんどし担ぎの手だ。
 そっと前を見る…中学を出て入門したての
 ニキビだらけのおぼこヅラ…なっ 短命だろ?」


そんな訳はない。
不知火型関係なくなっちゃってるし。

2012-09-23

帰瀬

瀬戸に帰ってきた。

今回のメインイベント「豊田真奈美25周年記念興行」を堪能し、
大切な友人との語らいを終え、用事を済まし、瀬戸へ到着。

何が悔しいって、東京に行ったのに寄席に行けなかったーーーーーー。
はじめから、日程的に予定できなかったのだけど、今、このすぐ近くで寄席がやってるのにいけない、
ってその状況がホント、切なかった。

次回は、寄席メインで東京へ行くぞ!

↓発売開始が迫ってきました!

======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================
2012-09-22

豊田真奈美25周年記念興業

ワシ、東京にいます。
今回の目的は、「豊田真奈美25周年記念興業」。
あの、飛翔天女、豊田真奈美選手が選手生活25周年を迎えるのだ。

その興業では5試合すべて豊田選手が出場。
なんと、お昼に行われるOZアカデミー(尾崎魔弓選手の団体)でも1試合出場。
なんて凄いんだぁ!

会場に入るのも長蛇の列。エレベーターに乗るのも一苦労だ。
そして入口には・・・


タッキー&翼からの花が!
タッキーは女子プロレス、それも豊田選手のファンと以前から噂に聞いていたが!
タッキー、ファンになります!

WAHAHA本舗の芸人さんの前説で会場は大盛り上がり。
超満員の会場は、オールドファンもいらっしゃるようす。

第3試合では、62年組の下田美馬選手とと対戦。
セコンドの山田敏代さん、下田選手にセコンドには三田英津子さんが!


同期4人が揃うなんて、なんてなんて贅沢なんだ。
三田さんのブレイジングチョップを25連発が痛そうだった・・・。


セミファイナルにはなんと! このために日本に帰ってきたあの!山崎五紀さんが!



気品とか、品格、って言葉がぴったりくる。

豊田選手が師匠と尊敬してやまない山崎さん。
山崎さんのマイクアピールに感動。

メインは時間差でのバトルロイヤル。



ジャガー横田選手、堀田裕美子選手、伊藤薫選手、GAMI選手に、コマンドボリショイ選手、広田さくら選手(尾張旭市出身!)、加藤園子選手(春日井市出身!)、、、
と超豪華!




最後は島根からきたお父さんがリングに上がって大団円。
飛行機の調整で遅れてしまったお父さん。間に合って、本当に本当に良かった。

25年も第一線で活躍してきている豊田選手に感服。
かなりハードだった6試合を全力投球して完走する豊田選手に感動。
お客さんの盛り上がりに勝手に感謝。

女子プロレスって、そこに人生を、哲学を、生きざまを感じられるのが好き。
30周年興行も行きます!!
2012-09-21

興正寺マルシェに行ってきた

興正寺マルシェとは。。。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
興正寺マルシェHPより

今年から毎月21日に新しい縁日が加わりました。
より良い暮らしのお手伝いとして新鮮野菜や石窯パンなど
こだわりの材料を使ったおいしいものが盛りだくさん!
その他、温もりあふれるクラフトや作家さん手作りの作品にも出会えます。
今までの5日と13日の縁日とは違った雰囲気のお寺を楽しんで下さい

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ワシ、名古屋出身で近所に住んでいたのだが、興正寺に行ったことがなかった。
ので、これを機会に行ってきた。



こんな感じ。

まだまだ始まったばかりのマルシェ。
応援していきたい!



======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================

続きを読む

2012-09-20

女子会に参加

本日女子会。

ワシラの街、瀬戸市から名古屋の繁華街、栄までは電車で一本。
こじゃれたイタリアンレストランで会食。
経済の話、政治の話、、、(うそ)
近況を報告し合い、おいしい食事とワインに心癒された。

さあ、あしたも頑張るぞ。




======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================
2012-09-19

嵐の前の・・・

ワシ、もう少しするとお仕事が立て込みだす。
ちょっとドキドキしている。
なので、その前に羽を伸ばしておこうと、いろいろなところへお出かけ。

少し、仕事が早く帰ってこれた日は・・・


コレ!

ちょっとウェイトトレーニング。
最近全然やってなかったら、本当に悲しいくらいの体たらく。
アップでガシガシやってた重量が、今のマックス。

これはいかん!
ということで、ここの所3日続けてトレーニング。
やりすぎはいけないぞー、ワシ。

2012-09-18

ゲリラ豪雨

最近、大雨が降ることが多い。
瀬戸市でもよく、大雨が降る。

なので、「愛知県自ら守る防災情報メール」というものに登録してみた。
こちら

自分で、どの情報が欲しいか(大雨なのか、地震なのか、とか)選んで登録する。
ワシ、とりあえず全部の情報に登録してみた。

してみたところ、昨晩から明け方にかけて、メールがゲリラ豪雨のようだった。
眠れやしない。ずっとなり続けるメール(笑)
なので、通知される情報を精査してみた。

こういうメール、大事と思うので活用したいと思う。
みなさまもぜひ。

そうそう、瀬戸市にもあるんですよ。
瀬戸市安全安心メールはこちら→瀬戸市安全安心メール


にしても、自ら守る防災情報メールってどんなネーミングなんだろうか。



======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================
2012-09-17

銀色週間

シルバーウィークって巷で話題の三連休。
それまでがちょっと立て込んでいたので、三連休で嬉しくなっちゃったワシ。

心の友と飲みに行ったり(終電逃した)、
たまっていた落語やその他の処理することを片づけたり、
そんでもって今日はプロレスを見に行った。

なんてぇ有意義なんだ。

チラシもできたことだし、がんばらなきゃ。


======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================
2012-09-16

続くよ続く。

さてさて、
9月の第3日曜日でありますな。

ほんの10年と少し前までなら、
「せともの祭」が開催されていたはずですが、
第3土日が雨に祟られることが多く、
現在のような日程に改められたといいます。

そんな訳で静かな瀬戸の週末。
それはほんのひと時の静寂に過ぎません。

せともの祭から中2週をおきまして、
第4土日には第17回となります、
来る福招き猫まつりin瀬戸が開催されます。


そうかあ第17回かあ。


こちらも「招き猫」だけにとどまらず、
全国から猫好きが集まるイベントとして、
すっかりお馴染みであります。


せともの祭だけではない、
招き猫まつりでも終わることもない、
瀬戸の秋のイベントシーズンを、
ぜひ、ご堪能いただきたいものです。

ぜひ。
2012-09-15

2012芸協らくご・大須寄席 中入後

芸協らくご・大須寄席はもともと、
故柳亭痴楽師匠の発案で始まったそうです。

師匠が鬼籍に入られてからは、
落語芸術協会が引き継ぐ形で継続して、
今年で10年目を迎えるのだとか。

IMG_0979[1]


すっかり定着しているのですね。
客席の盛況もむべなるかなであります。

平日の昼間だからでしょうか、
少しご年配のお客様が多いですね。
そしてご夫婦連れが目に付きます。

仕事も子育ても終えて夫婦で寄席だなんて、
なんだかいい感じではないですか。


で、中入り後。


「唯一の地元出身者でございます」と、
常滑市出身・桂竹丸師匠が登場。
ご当地の話題で会場を盛り上げつつ、
ネタも尾張徳川家にまつわる「紀州」。

続いては、間もなく江戸時代から続く大名跡、
「桂文治」を襲名される桂平治師匠。

「"平治"では最後の大須でございます」

これはこれは貴重な高座でありますね。
円熟という言葉がふさわしく感じる「親子酒」。
大旦那のお酒が進んでいく場面では、
何度も会場から拍手が起きておりましたよ。


トリの前には大好き色物、
大神楽曲芸の「ボンボンブラザーズ」。
平治師匠が「ボンボン先生」と呼んでいたのが、
なんだかかわいらしかったです。

お囃子にのせてサイレントで披露される
ボンボン先生のジャグリング芸。
お客いじりも身振り手振りですから、
意思疎通の不自由さが予測不能の笑いを呼びます。
やっぱり好きだわ色物芸。


そしてトリは芸術協会副会長の小遊三師匠。

「これから古典落語で皆さんを眠りの世界に…」

というのはもちろん照れ隠しでしょうね。
「厩火事」をしっかりと聞かせていただきまして、
昼の部はお開きとなった訳であります。


この講演は9月11日から25日までの長丁場。
東京の寄席の雰囲気を名古屋で味わえるのですから、
本当に嬉しい特別公演でありますね。


期間中にはもちろん歌丸師匠も登場しますですよ。
2012-09-14

2012芸協らくご・大須寄席

取り損ねたお盆休みの代わりに、
臨時の休暇を1日いただきまして、
やってきました、大須演芸場。

390521_271373169641677_717656255_n.jpg

ただ今、桂歌丸師匠率いる、
落語芸術協会による特別公演、
「芸協らくご・大須寄席」が開催中。

せっかく足を運んだのはいいけれど、
開演時間を間違える失態。

木戸銭払って入場すると、
2階に案内されるという大須初体験。
その2階席も満員という大盛況であります。

高座では中入り前の最後の演目で、
桂幸丸師匠がマクラから場内を
バンバン沸かせておられます。

と思ったら、

「甚だ簡単ではありますが、以上をもって
 私の落語に代えさせていただきます!」

終わっちゃった(笑)!!

ここで中入り。

三遊亭圓丸師匠の落語に神田京子さんの講談、
陽・昇さんの漫才聞き損ねちゃった。

せっかく東京の寄席の雰囲気が
味わえるところだったのに。


失敗したなあ。


さて、中入り後の様子は次回。
2012-09-13

神はヒゲ男に2度、微笑む

さて、美術さんといえば、
今回もやってくれました新春寄席のチラシ。

身内褒めで恐縮ではありますが、
年々、いいものになってる気がします。

新春寄席ちらし表


う~む、感慨深い。


というのも今年のチラシ作成には
例年にはない曲折があったののでした。

美術さんはヒラメキでデザインするタイプ。
あれこれと試行錯誤を繰り返すのではなく、
いきなり完成イメージが頭に浮かぶそうで、

以前にも書きましたがこの瞬間のことを
「神さまが降りてくる」と本人は言っております。

そして、今年はいつもより早く、
神さまが降りてきたようなことを言ってた美術さん。

順調に最初のデザイン案がメンバーに示されて、
色や配置、言葉の修正などそれぞれに指摘いたしました。

第一案はすこしポップな青色系のデザイン。

「お正月らしい色使いにしてみては?」
「師匠のイメージと比べると少し軽い感じ」
「この情報は違う場所に書いた方がいいと思う」

言う方は簡単なのですが一度完成させたものに、
バラバラに寄せられた意見を取り入れるのは大変なこと。

それでも何とかしてくれてきたのが美術さんです。

ところが今年は思わぬトラブルが待っていました。
せっかく完成間近にまで出来上がっていたチラシのデータが、
押しても引いても動かなくなってしまったのです。


作業不能→1からやり直し決定→美術さん大ショック


でも幸いにも編集途中のチラシは編集はできないものの、
画像として保存してありました。

ふつうなら、元データを再現しようとするでしょ?

ところが美術さんときたらここで、
なんと二人目の神さまを降ろしてきやがった。

それが今回出来上がったチラシであります。

お正月らしく金色のイメージ。
かといって過剰に華美ではなく、
市馬師匠にふさわしい風格が漂います。

生半可じゃねえな、このサラリーマンは。

ともあれ、新春寄席のチラシを見かけた方は、
ぜひ、手にとってご覧いただければ幸いであります。


そんでもって、


美術さん、再来年のチラシもよろしくね!
2012-09-12

続き

さて、雷門獅篭さんと言えば、
独演会では落語とともにオリジナルの映像を、
上映していらっしゃっているとかで、

連載中のマンガ「雷とマンダラ」にも時折、
その映像のことがエピソードとして描かれていて、
「見に行きたいなあ」と思っているのですが、
予定がままならず未だ実現しておりません。

先日のブログで独演会用の映像作品を、
公開しておられるではないですか。


どれどれ?


あははははっ!

これはウチの美術さんに見てもらいたいですな!
だって、獅篭さんったら美術さんの夢を、
一人で実現しているんだもの。


その獅篭さんのブログ
記事の下の方に映像があります。



で、



美術さんの夢とは、
AKBのセンターで歌い踊ること。


やってみてみて!
一人で!

お巡りさんにつかまらないでね。
2012-09-11

雷門

昨晩、インターネットであれやこれやと、
おなじみさんのサイトを巡っておりましたら、

雷門獅篭さんがご自身のブログの中で、
最近の高座の動画を公開しておられるのを発見。


演目は「宮戸川」。


おお、なんと懐かしい!
記念すべき第1回のせと末広寄席で、
披露してくださったネタではないですか。

3年前の風薫る5月、獅篭さんはこのネタと、
「勘定板」をかけてくださいました。

右も左もわからなかったあの頃と比べて、
少しは落語の知識も増えた今ならわかります。

獅篭様、初回の寄席でこの組み合わせは、
ちょっとしたイタズラ心でありましょうか?

なんて思い出に浸っておりましたら、
遠くで雷雲が閃光を放ちはじめました。

落雷でパソコンが壊れたら大変です。
いそいで電源を切って床につくことにしました。

んで、すぐに熟睡。

朝、同僚から聞いたころによると
かなり激しく雷鳴が響いたそうでありますね。

「全然知らずに寝入っていた」と言ったら、
「普通は起きます」とやんわり変わり者扱いされました。

いいもん。

でも、そんなに激しい雷が鳴っていたのなら、
あのまま「宮戸川」を見続けていたら、
さぞや臨場感がアップしたことでしょうなぁ。


いや惜しいことをしました。



獅篭さんのブログ
記事の下の方に動画がアップされています。
2012-09-10

解禁

あぁ!
晴れて新春寄席の事を大っぴらに言える幸せ。

ご出演いただくのは柳亭市馬師匠。

江戸落語の本道を歩んでおられる、
スケールの大きさと繊細さを兼ね備えた、
懐の深い話芸で評価の高い噺家さん、

このあたりは落語好きの皆さんは
十分にご承知のことでありましょう。

いろいろな方の市馬師匠評を見ておりますと、
高座の素晴らしさはもちろんですけれど、
師匠のお人柄を称賛している方の多いこと!

2年前に49歳という異例の若さで、
落語協会の副会長に就任されたのも、
人徳ゆえのことでありましょう。

公式ホームページを持っておられて、
そこにメールアドレスも掲載されていますが、
出演のお願いや内諾をいただいてからの
いろいろな連絡・調整はすべて電話で。

このあたりも、「らしい」なあと、
思ってしまうのであります。

で、ワシ五郎と相棒後輩が毎回震える手で
ダイヤル回して電話して(ウソ、携帯電話から)、
話をまとめあげてくれました。


あとは、満員のお客様を瀬戸蔵にお招きして、
師匠にもお客様にも楽しい時間を共有していただくこと。


これに専念して参る所存であります。
2012-09-09

せともの祭り

みなさん、行かれましたか?
そう、せともの祭り!

ワシ、行ってきた。
今回は、織部のお皿を買い求めた。




こんな感じ。

素敵でしょ?
もちろん、廉売市なので、定価の半額以下で。
ワシ、毎年行ってるが、記念に何かしら購入することにしてる。

とんすい、カレー皿、お皿、お魚乗せる皿・・・。
その皿を見るたびに、あー、あれはせともの祭りのときに買ったやつだー、って思う。

まだせともの祭りにおいでになったことがない方、来年はぜひいらしてください。
楽しいですよ。

======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================
2012-09-08

チラシ完成!

新春寄席のチラシが完成!!
現在、着々と市内各所におかせていただいている。
広報姉さんが広報の底力を発揮して於いていただいている。

みなさま、ぜひお手に取ってご覧ください!
今回も美術兄さんの力作です。

新春寄席ちらし表


======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================
2012-09-07

桃黒亭一門

すわ! 落語に新しい流派が誕生か?!

桃黒亭というらしい。
桃黒亭一門公式HP


やるなぁ、桃色クローバーZ


======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================
2012-09-06

瀬戸のお祭り

瀬戸のお祭りといえば・・・・

せともの祭り!!


とうとうやってきました今週末!
何となく、瀬戸市全体がざわざわしている。
だって、今週末はせともの祭りだからね!

せともの祭は、昭和7年、磁祖加藤民吉翁の遺徳をたたえる産業祭として開催され、
なんと! 今年でで81回!
「せともの廉売市」は全国津々浦々から数十万人の人出でにぎわい、全国最大の規模といわれているのだ。


ワシ、日曜日は学生時代のお友達が名古屋と岡崎から来てくれる。
瀬戸の街を案内するんだ!

この機会に、ぜひ瀬戸市に来てみてください。
楽しい、よい街、よいお祭りです。

まってまーす。





ホームページも見てください
http://www.setocci.or.jp/setomonomatsuri/


======================
◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
 日にち:平成25年1月12日(土)
 出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
 場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席
 託児有:要予約(無料)
前売り開始は10月8日(祝)より!!
※詳しくは、こちらをご覧ください→チケット購入方法など

◆今後のせと末広寄席◆
第15回 平成24年11月24日(土)
第16回 平成25年 2月23日(土)
 午後2時開演 木戸銭500円

≪お問い合わせは≫
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
======================


2012-09-05

第3回新春せと末広寄席

末広亭ですえひろがりの会では、
年に4回、瀬戸市のすえひろ商店街で「せと末広寄席」を開催しています。
この活動も4年目になりますが、2年目から「新春せと末広寄席」と銘打って、
いつもより大きな箱で、東京から噺家さんをお呼びして開催しております。

第1回新春せと末広寄席の様子
第2回新春せと末広寄席の様子

おかげさまで、来年も開催できる運びとなりましたのでここに告知をさせていただきます。
今回、お呼びするのは柳亭市馬師匠です。


◆第3回新春せと末広寄席「柳亭市馬落語会」◆
日にち:平成25年1月12日(土)
時 間:午後1時30分から(開場:午後1時)
出 演:柳亭市馬・柳亭市楽、太田その(お囃子)
場 所:瀬戸蔵つばきホール /全席指定350席(車椅子席2席含む)
木戸銭:前売り2,500円/当日2,800円/最前列特別席4,000円(特製手ぬぐい・チケットぴあ限定)
       ※前売り完売の場合、当日券はありません
託児有:要予約(無料)
※恐縮ですが、未就学児の入場はできませんが今回も託児を実施いたします。
満員になり次第締め切りますのでお電話・メール・FAXでご予約ください。

【チケット購入方法】
発売日:平成24年10月8日(月・祝)午前10時より発売
●チケットぴあ
電話:0570-02-9999
チケットぴあスポット、セブンイレブン、サークルKサンクス、
チケットぴあサイトより
でお求めいただけます。
Pコード:422-849

●瀬戸蔵窓口販売
電話:0561-97-1555
場所:瀬戸蔵1階総合受付
営業時間:9時から21時



恒例になりました新春せと末広寄席。
江戸落語の本道を歩み続ける柳亭市馬師匠をお呼びすることができました。
落語界有数の美声から繰り広げられる、古典落語ならではの温かさにあふれる市馬師匠。
その話芸をどうぞ、たっぷりとお楽しみください。

===================
お問い合わせは・・・
【電話】080-1565-6824
【FAX】050-7518-0270
【メールアドレス】setosuehirotei@gmail.com
※お電話は18時から22時の間にお願いいたします。
==================

新春寄席ちらし表

tenugui.jpg←最前列オリジナル手ぬぐいはコレです!
深川神社の狛犬をイメージした図柄で、
寄席文字は橘右太治師匠に書いていただきました!


2012-09-04

金沢で出会った橘右近師匠(その弐)

(・・・続き)


感動しながら神社を進んでいくと、拝殿に!!


こんな大きな大きな千社札が!!



大興奮のワシ、早速右太治師匠へメールでご報告。
右太治師匠は「四丁札と呼ばれるもので、師匠の札のうち最大のもので、
飴の俵屋に大入り額を届けた折のものではないか」と教えてくださった。


そう、右近師匠はあの有名な「飴の俵屋」の「飴」の字を書いていらっしゃる。


コレ。

残念ながら今回、飴の俵屋さんには寄れなかったが、少しだけ、右近師匠に近付けたような気がする旅だった。
右近師匠、右太治師匠、ありがとうございました。




おまけ
次の日は和倉温泉に宿泊することに突如決定。


サンセットクルーズ(漁船みたいなので)を楽しみ、


岩牡蠣をいただき、



七尾で和ろうそくを買い求めました。

2012-09-03

金沢で出会った橘右近師匠(その壱)

今年はひょんなことからたくさん旅に出た。
先日行った金沢で素敵な出会いがあったのでブログに。


ワシ、一人「しらさぎ」に初乗車。
車の旅もいいけど、やっぱり旅行は電車だなぁ。


金沢に到着後、まずはパンフレットで爆笑。




ノドグロをいただく。

おいしい地酒をいただいた後、ぐっすり就寝。
朝はおいしい加賀料理をバイキングで頂きご満悦。


21世紀美術館で有名なプールの展示を堪能。

そして、ワシの旅のお楽しみ、「ご朱印」と「千社札見学」だ。
旅に行く時は必ず朱印帳を持参し、目的地近くの神社・仏閣へ参拝する。
なので、兼六園近くの「石浦神社」へ。


そこの手水で発見!!

右近師匠の千社札だぁ・・・。



続く
2012-09-02

カウントダウン

さてさて、

いよいよ詳細が煮詰まってきました、
2013年初頭の瀬戸を笑いで彩る、
「新春せと末広寄席」。

先週のせと末広寄席の際に、
楽語の会の皆様に内容をご報告すると、

「毎回、良い方を呼ばれますなあ」
とのお言葉を河太朗さんから頂戴しました。
いわゆる「お墨付き」というものです。

本当に我々がこんな方をお招きしても、
良いのかしらと思ってしまうほどの演者さん。

メンバー一同、今から緊張しております。

美術さんの美麗なチラシも完成間近。
準備万端、相整いましたところで、
景気よく皆様に発表いたします。


乞うご期待!!
2012-09-01

ここで番組のご紹介です

今朝、いきなり実家の母親から電話がありまして、
「いったい何事!」と思ったら、

「これから瀬戸がテレビでやるでみやあ!」

なかなか郷土愛に溢れる母親でございます。


番組はCBCテレビ制作の『花咲かタイムズ』。
お笑い芸人の「ハリセンボン」が、
一見、瀬戸市内の各地を歩き回るような雰囲気で、
中心市街地から品野やら定光寺やら、
結構な距離のあるスポットを紹介してくれました。

「角野卓造じゃねえよ!」

言わされてました。オヤクソクですね。


聞くところによると、せとものまつりと、
招き猫祭りの2大祭りをひかえて、
9月は瀬戸を紹介する情報番組が目白押しとか。

知ってる限りをご紹介しましょう。

NHK総合『ほっとイブニング』
 放送日 : 平成24年9月6日(木)  
      午後6時30分~午後6時40分 この内、数分間(予定)
 内 容 : 長根小学校・緑陶部から生中継  


中京テレビ『幸せの黄色い仔犬』
  放送日 : 平成24年9月9日(日)
      午前9時55分~午前11時25分 
  内 容:「せともの祭」会場からの生中継とイモトアヤコが
      事前に瀬戸市を散策した様子や瀬戸焼そばを紹介


テレビ愛知『中島誠之助の極上探訪』 
  ※ 開運!なんでも鑑定団!放送後、午後9時54分~の6分間の新番組
   この内、約2分間が瀬戸市の紹介。9月の4週は全て瀬戸市で撮影
       
(1)放送日 : 平成24年9月4日(火) 午後9時54分~
   内 容 : 唐三郎窯

(2)放送日 : 平成24年9月11日(火) 午後9時54分~
   内 容 : ギャラリーもゆ

(3)放送日 : 平成24年9月18日(火) 午後9時54分~
   内 容 : 瀬戸蔵ミュージアム・セラミックプラザ

(4)放送日 : 平成24年9月25日(火) 午後9時54分~
   内 容 : 招き猫ミュージアム



ぜひご覧いただき、瀬戸の秋の2大まつりにも、
脚を運んでくださいませね。
プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。