FC2ブログ
2012-05-28

子ども(ウチの)が見た「せと末広寄席」

第13回のせと末広寄席。

満員のお客様の中に小さな子どもが3人。
そのウチ2人は落語マニアの甥っ子と、
さん太さんファンのウチの子でした。

ギュウギュウ詰めなのに身内を入れて、
大変申し訳なく思うのでありますが、

彼らとて自分のお小遣いから木戸銭払って
やってきたのですからご容赦ください。

で、今回の4席。

僕らは全く見ることができなかったので、
小学生の目と耳にはどのように感じたのか、
ウチの子に聞いてみることにしました。


さん太さん「やかんなめ」
―――――――――――――――――――――――
子『のりPのあぶない薬ってセリフが出たよ!』

キミ! いきなりそこですか!!
さん太さんも古典落語の中にどのように、
そんな言葉を入れ込んだんだか。



河太朗さん「江戸荒物」
―――――――――――――――――――――――
子『なまりで言葉が通じない噺。面白かったよ』

ネットであらすじを調べてみて知ったのですが、
河太朗さんの江戸言葉が聴けたのですね。
う~ん残念です。


さん太さん「かりそめ旦那」
―――――――――――――――――――――――
子『面白かった。お蔵入りってどうゆうこと?』

サゲの意味がわからなかったんだね。
え~っと、今度ゆっくり説明するから。


河太朗さん「口入屋」
―――――――――――――――――――――――
子『すごく面白かったよ!』

大ネタだし、夜這いの噺のはずだけど、
意味はわかったのかな?

子『わかんなかったけど、ずっと面白かった』

ともあれ、こうゆうところから大人の世界を
垣間見るのも良いことなんじゃないかな?
キミもそろそろ思春期だしね!


という訳で、

感想を伝えるボキャブラリーが
「面白かった」しかないのが
親としては気になるところですが、

楽しんでもらえたのなら何より。
お小遣いはたいて見に来てよかったな。

これからも落語をいっぱい見て聞いて、
日本語の豊かな表現力を自分のものにしておくれ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking