FC2ブログ
2012-08-13

コーヘイ、師と出会う。

ボランティアでがんばるワシ後輩を横目に
土曜日の親子寄席にはお客さんとして
わが子を連れて楽しんでまいりました。

もちろん、落語家(上方)を目指す4年生、
甥っ子のコーヘイも一緒であります。

なにしろ憧れの文我師匠に会えるということで、
「愛用の扇子にサインしてもらうの!」とか言って
朝から張り切りまくりの甥っ子コーヘイ。

高座に登場した文我師匠が客席に向かって、
「落語ってどんなものか説明できる人はいますか?」
という問いかけに、一人だけサッと手をあげます。

マジですか!?

親と子の席が前後に離れているこの寄席ですから、
僕らは見守るしかできずにドキドキです。
隣の席に座っていたコーヘイの両親は、
さらにドキドキしていたに違いありません。

でも、大きな声で自分の名前を言って、
師匠にところどころ助けていただきながら、

「落語は噺家さんが部隊の座布団の上に
 正座をして面白い話をすることです」

と、答えることができたコーヘイ。
「よくできました」という師匠の言葉と同時に、
会場からの大きな拍手を独り占め。


いい経験をしたなあ、コーヘイ。


お開きの後のサイン会では自前の扇子ではなく、
会場で買ってもらった師匠の扇子と手ぬぐいに、
サインをしていただき、朝から一生懸命書いていた、
ファンレターを師匠に手渡すことができたのでした。

そう、おとといのワシ五郎のブログに登場した、
ファンレターの少年はウチの甥っ子だったのです。
スンマセン。

『僕の夢は文我さんみたいな落語家になることです』

そう、ファンレターに書いたというコーヘイ。
師匠のサイン入りの扇子と手ぬぐいで、
これからさらに芸を磨いていくことだろう。

ガンバレ、コーヘイ!
まけるな、コーヘイ!

どこまで行くんだコーヘイ!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking