FC2ブログ
2013-02-24

第16回せと末広寄席 続き

第16回のせと末広寄席のこぼれ話をもう少し。

相棒と技術さんと準備をしながら、その状況をフェイスブックのアップするワシ。
そんで、FBを眺めていたら、まち結びコーディネーター「YUI」こと斎藤貴子さんの記事に驚くワシ。



えええ? 洞にこんなカフェあったっけ??

洞地区にご縁のある技術さんや相棒に聞いても知らないとのこと。
うーーん、なんだなんだ、と、がやがややっていると、なんと、末広亭の前を斎藤貴子さんが歩いている!!

なんてタイミング。
お話しを聞いてみるとなんと! 先週オープンして今日でオープン4日目。
洞の本業窯の本当に真横に「窯横カフェ」ができたとのこと。

「チーズケーキもおいしいよ!」

と教えてもらい、大興奮のワシら。
これは、行くしかない! と。

今日の反省会会場は窯横カフェと決め、お片付けにいそしむ。

と、その前に、本業窯について復習。
「洞と合わせふたつの本業窯は、元は同じ場所にあった13連房の巨大な窯を
昭和20年代に移築したもので、それぞれ昭和40年代まで実際に使われていました。
市の指定文化財として、昔ながらの姿を今に伝えています。」
(せとまるっとミュージアムHPより)

瀬戸市の洞地区という「窯垣の小径」があるあたりの地区に大きな登り窯があるのだ。
本業窯という窯で、瀬戸市の指定文化財となっている。
瀬戸ではだいたい1800年くらい前からやきものが焼かれているのだけれど、
近世にはノベルティなどの分野へも進出していったのだ。
で、本業窯は1800年以上の伝統を伝える本業焼きを守り続けている窯。
今は作陶体験もさせていただける。

ご参考に
本業窯さんのHP
八代目後継半次郎さんのブログ

窯横カフェさんの情報はフェイスブックでみてみると・・・
「もともとは瀬戸本業窯の倉庫として使われていた場所を、
新しく何かを生み出す場所にしたいという思いが合致し、
自分たちで改装工事を行い約1年半をかけてカフェにしました。
器、料理、空間を通して、生活することや地域との関わり方などを
前向きな気持ちで表現していきたいと思っております。」

期待大!

片付け後、3人で伺ってみた。
洞地区をずんずん進み、本業窯へ。

本業窯の本当に真横に・・・


あった!!

そこは薪のストーブの火がともった優しい空間。
テーブル席が3つの素敵な空間だった。
漆喰の壁とアンティークガラスのランプシェードがとてもよい雰囲気。

お店の方に、あれやこれやとお店のいきさつなんかをお聞きした。
お店の内装など、すべてご夫婦で手作りのお店だそうだ。
出される料理の食器はすべて本業窯で焼かれたもの。
さりげなく置いてある陶器も素晴らしいものばかり。


ワシらはコーヒーとチーズケーキをいただき楽しい時間を過ごさせていただいた。
三人で、10年以上前の思い出話や、ワシと相棒の友情について語っちゃったりと、
なんだかあったかい話に。そんな力が窯横カフェにはある。と感じた。


席から外を見るとそこには窯がある。
それって瀬戸の原風景。
ワシ、瀬戸で育ってないけどなんだか安心しちゃう風景。

居心地のいいカフェ。
今度はランチに出掛けたいと思います。

ちなみに、この画像をフェイスブックにアップしたんだけど、
本日二回目の技術さんのダメ出し。

もうちょっといい写真あるだろうー。

ワシの写真の技術が拙いので全く魅力が伝わらなくてごめんなさい。

窯横カフェさんは、金 - 日: 11:00 - 18:00 のオープンだそうです。
ぜひお出かけください。


『本業焼の陶器をつくってみる』瀬戸のルーツを辿りに行くツアー
というツアーが前出の斎藤さんが開催されるようです。
ご興味のある方は参加してみては?
詳細はこちら
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking