FC2ブログ
2013-05-28

第17回せと末広寄席レポート その3

さて、中入り後に登場は、
これまたお久しぶりのお好味家喜楽さん。

なんだかホッとさせてくれる
柔らかな雰囲気をまとった喜楽さんには、
今回演じていただいた「松山鏡」の
主人公の無欲で正直な孝行息子が
実にしっくりと落ち着きます。

しかし、この村でも評判の孝行息子が、
嫁と取っ組み合いの喧嘩を始めてしまう、
まさかのスラップスティックな展開。
お客様の笑い声が商店街に響きわたります。

そして、トリは再び河太朗さん。
ネタがはじまるとワシ後輩が、
「たちぎれ? やっぱり たちぎれ?」と
何やら嬉しそうにしております。

ワシ後輩はこれまでにいろいろな場所で、
聴いてきた河太朗さんのネタの中でも、
一番好きな噺のひとつなのだそうです。

それはもう胸を締め付けられるような。
若旦那と芸者の悲恋の世界の中に我々を、
河太朗さんの語りが引き込んでいくのです。

物語のクライマックスで、
静かに奏でられる三味線の音色。
その音色が鳴りやんだとき…。

うわぁ、なんて切ない! 

これは舞台袖ではなくて客席で聞きたかったです!
心底、今回のお客様が羨ましい。

「末広寄席4年目でようやくこのネタができました」
とは、お開きのあとの河太朗さんの言葉。

なるほど、落語描く多彩な世界を知らなかった、
4年前にこの噺を聞いたとしたらどうだったろう?
そんな事を振り返った今回のせと末広寄席。

会場いっぱい、満席のお客様に、
三者四様の素晴らしい話芸。


今回もステキな会となりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking