FC2ブログ
2009-12-06

瀬戸川のお話

わが末広亭ですえひろがりの会のホームグラウンド、
「せと末広亭」のある中心市街地に川が流れているのをご存知だろうか。

その名を「瀬戸川」という。

中心市街地を東西に流れるこの川は、せとものまつりの日には廉売市の並ぶ川だ。
この川、昭和50年代には真っ白な川で有名だったらしい。
それは牛乳のように真っ白だったという話だ。

瀬戸の産業である「窯業」。粘土などの窯業原料が乳白色にしたのだ。
「瀬戸川が白いのは瀬戸の産業の繁栄のしるし」と言われていた。

そんな瀬戸川。今は水鳥なども泳いでいる。
そこには、たくさんの橋が架かっている。

新大橋、十三橋、窯神橋、記念橋、宮前橋、中橋、公園橋・・・

で、市制施行80周年の今年、「記念橋人道橋」が完成した。
以下、読売新聞サイトより

=====================================================
瀬戸市の瀬戸川に「瀬戸記念橋人道橋」が完成し11日、3世代夫婦ら約100人が渡り初めを行った。

 同橋は長さ約22メートル、幅4メートルで、やきものの街らしく、橋の欄干には瀬戸伝統の「御深井釉(おふけゆう)」を使った陶磁器製タイルを張った。高欄は、展示スペースになっており、陶芸家で市無形文化財保持者、加藤唐三郎さんの黄瀬戸の花器などが設置された。柱部分には発光ダイオードを使って、夜間でも橋全体を柔らかく浮き上がらせる工夫がされている。

 渡り初めには、同市陶生町の加藤信治さん、ふみ子さんら3世代の夫婦のほか、北保育園児も参加した。同橋に近い銀座通り商店街の河本篤理事長は「複合施設の瀬戸蔵との回遊性が良くなる」と話していた。

(2009年9月12日 読売新聞)
=====================================================

で、手ぬぐい好きのワシ。


s-記念橋手ぬぐい
もう、嬉しくって。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking