FC2ブログ
2009-12-21

技術さん、ひとりで演芸場。

昨日は夕方から名古屋で用事があったので、
少し早めに電車に乗って出かけたのさ。

どこって、それはモチロン大須演芸場。

夏の「夜席」にはみんなで行ったけれど、
一般公演は初めて。しかも一人。

怖くなんかないよ。でも道に迷ったけどね。
だって上前津から行くのも初めてだったから。
ちなみに「夜席」の時は大須観音から迷ったよ。

到着したらもう3回目の公演が始まってて、
席亭さんが「途中だから1,000円でいいよ」って、
本当は500円だから、30%割引。
いきなり粋な計らいってヤツですかい?

中に入ると柳家三亀司師匠の江戸曲独楽の最中。
座席には10人余りのお客さんがパラパラと。
芸の最中に目の前でウロウロするのも申し訳ないので、
最後列にちんまりと席をとることにしました。

師匠が「2階席のお客様はご覧いただけますか」と
芸の途中で何度も確認するのはギャクかと思ったら、
2階席から拍手が!! なぜ、わざわざ2階席に??

独楽の次は演歌の東みどりさん。
途中で客席に下りてきて、歌いながらお客さんの
一人ひとりと握手して回っていたけれど、
最後部の席にはマイクが届かなくて握手できず。
場所の選択ミス。残念。

続いて「よしおかつかさ」さんの腹話術。
あら? どこかで見たことある芸人さんと思ったら、
三亀司師匠じゃないですか? なんて多芸な方なんでしょう。

腹話術。個人的にすごく面白かったんですけど、
お客さんの少ない静かな会場は笑うのにも勇気がいります。
師匠、スミマセン! 今度はちゃんと笑いますから!

続いてかつら竜鶴師匠の「三味線漫談」…のはずが、
「今回は民謡をやります」と本格的な民謡コーナー開始。
「名古屋甚句」や「おてもやん」などをよい声で。
歌詞の名古屋弁や熊本弁の解説もあり、勉強になりました。

で、トリ。

雷門幸福さんの「サギトリ」。
これは、ウチの第1回公演で演じていただいた、
「名古屋弁落語」ですね! 懐かしい。
いや、それほど昔じゃない。

実はこの時間になるとお客さんは6人ほどに。
二回からの拍手もいつしか聞こえなくなっておりました。
こうなると、笑うのにはさらに大きな勇気が…。

幸福さんごめんなさい。今度はちゃんと笑いますから!


そんな訳で獅篭さん、福三さんの落語が終わってたから
1,000円にしてくださったんですね、お席亭。

でも、初めての大須の一般公演は十分満喫できました。
今度はちゃんとフルに見られる時間に行きます。

道に迷わないように地図をちゃんと持ってね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking