FC2ブログ
2010-03-31

技術さんの桜メモリー

マイペース・マイワールドを貫く美術さんですが、
情けに弱いという一面もございまして…。



今を去ること10年程前(笑)。



わが社にはかつて東京の関連事務所に若手を派遣して、
現場で2年間の修行をさせるという研修の制度がありました。
6年間実施されたその派遣研修の第1号が実は技術さんで、
そして、最後の3人目が美術さんだったのです。

研修を終える美術さんののために送別会を開かれると聞き、
6年間のお礼を言わねばと技術さんが東京に駆けつけたのは、
桜の花が咲き始めるちょうど今くらいの時期でした。

馴染みの小さな居酒屋で開かれた送別会。
お世話になった皆さんの笑顔に囲まれての乾杯の後、
さっそく美術さんに「何か一言!」と声が飛びました。

立ち上がった美術さんの笑顔は数秒で消え、

「皆さんには本当にかわいがっていただいて・・・」
と語り始めたところでいきなり絶句そして号泣。

ボロボロになりながらも皆さんの温かい眼差しの中で、
なんとか最後までお礼の挨拶を終えたのでした。


湧き上がる大きな拍手。
一生忘れられないであろう感動のひと時。
そんな優しい余韻が残っている中で、


「じゃあ次は先輩からも一言!」…ってワタシですか? 


「じ~んとした空気ができあがっちゃったこの状況じゃ
 何も言えませんよ! 自分泣きキャラじゃないし!」

正直な気持ちを叫んだらみんなが笑ってくれました。
感動的な雰囲気はどこかへ流れてしまったけど、
とりあえずウケが取れてひと安心の技術さんでした。


しかし、感情を表に出す時にさえマイペース、
まあ、良く言えば「素直な」美術さんはそれ故、
皆から愛される存在だったのだなと感じた春の宵でした。



なんて、ちょっといい話を紹介してあげたりしても、
相変わらず美術さんはココを読んではくれないのでしょう。


いいもん、このままシリーズを続けるから。


読んでくださるみなさんにとって、
この内輪話が面白いかどうかは、この際さて置いて。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking