FC2ブログ
2011-08-10

3時になって池袋

さて、円蔵師匠を遠巻きに見送ってから、
吹き出す汗を抑えられないまま入場すると、
まあ、なんだか小ギレイな場所ですねえ。

こちとら演芸場と言ったら、
大須しか知らないものですから(失礼)。

シネコンの映画館といった風情です。
違うのは椅子席に小さなテーブルがあって、
お弁当を食べられるようになってることくらい。

調べてみたら15年ほど前に、
建て替えられたんですってねえ。
実に不勉強ではあります。

当然のように大入り満員で立見席もいっぱい。
仕方なく、それほど広くない通路に
自分の場所を確保したところで出囃子。


柳亭左龍師匠の登場です。
マクラも短めに演目は「皿屋敷」。

この師匠を拝見するのは初めてですけれど、
なんでしょうか、この全身から漂う安心感は。
古典に定評がある方と伺っておりましたが、
なるほど、お馴染みの噺を
しっかり楽ませていただきました。

左龍師匠が立ち上がると、
流れ始める「金毘羅」の出囃子。

待ってました! 権太楼師匠!
お元気そうで何よりです!

マクラで、かつての池袋演芸場は、
お客さんが全く入らなかったから、
好き勝手ができてよかったという話から、
ごく自然に「芝居の喧嘩」へ。

満員の芝居小屋でヤクザものと、
侍の大立ち回りを描くこのお噺。

次々に登場する強者たちの啖呵と、
権太楼師匠らしく愛嬌たっぷりに演じられる、
見物の町人たちのやりとりの対比がおかしさ。

で、この噺は本格的な喧嘩が始まる直前に、
「今日はここまで!」となるのが普通のようで、
権太楼師匠もそのようにされました。

「ああっ、いいところで!」
となるところなのかもしれませんが。

実はマクラの中で師匠が披露されていた、
「昔の池袋演芸場は時間がないのに演者が多くて
 噺の途中で強引に終わらるのも当たり前だった」
というエピソードが伏線になっていて、
最高のオチとなって大爆笑をさらっていったのでした。


やっぱりすごいや権太楼師匠!


また長くなりました。
のいるこいる師匠と、さん喬師匠はまた明日。



==========================
第10回せと末広寄席まであと17日!
8月27日(土)午後2時開演
木戸銭 500円
お申込み先 080-1565-6824!
==========================
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すえひろがりの会

Author:すえひろがりの会
愛知県瀬戸市の「せと末広商店街」にある小さな寄席「せと末広亭」で年に4回寄席を開催しています。ぜひお気軽にどうぞ!
HPもご覧ください


◆今後のせと末広寄席◆
第36回平成30年 3月10日(土)
第37回平成30年 5月26日(土)
第38回平成30年 8月25日(土)
第39回平成30年11月24日(土)
第40回平成31年 3月 9日(土)
午後2時開演 木戸銭500円

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking